スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

小田原漁港(早川)「魚市場食堂」

今日は横須賀の先、観音崎でお仕事。

集合は夕刻頃なのですが、一日のんびりとしたい気分なので、早朝に東京を離れ、突然ですが東海道本線の早川駅で下車。


まだ8:00です。

観音崎は何処へ行ってしまったんだ…(汗)、という気がしないでもないですが、
それはさておき、早川といえばやっぱり港でしょう♪

ということで、駅から潮の香りのする方へ、とことこと歩いていきますと小田原漁港に出ます。

(写真は逆側から撮影しております)


ふと見ると、「小田原 港の朝市会場」の看板がありました。

けど、時間も時間なので、少しだけ。
でも魚類はおいしそうです。
しかし、購入しても夕刻まであちこちを巡りますので、今日は眺めるだけですね。


そして港の向かいにある
「小田原市公設水産地方卸売市場」へ。


この中に食堂があったような…。


ということで伺ったのは
建物2階にある「魚市場食堂」。


かなりそのままのネーミングです(笑)。

メニューを拝見すると、港の朝定食(730円)、デラックス定食(1,600円)、おさしみ定食(1,000円)、アジたたき定食(980円)、地アジフライ定食(850円)、大漁定食(1,800円)、市場の海鮮丼(1,300円)、金目煮付定食(950円)などと居並ぶ世界。
迷いましたが、今日はまだ先が長いので(笑)
ここはリーズナブルに「港の朝定食(730円)」をいただくことに。
う〜む、実に地味な朝食ですが、大根おろしと一緒にいただくと、やっぱり卵焼きって何か嬉しい風味を感じさせてくれます。ということで、ひとまず朝の空腹(かなり期待してずっと我慢してきましたので…笑・涙)は満たしてくれましたね。

ということで、腰を上げて港周辺を少し散策の後、早川駅から再び東海道本線です。

まだ西へ行く?

千川「餃子の満州」

昼食時間。なかなか遠くまでは足を運べない時間帯。でもそろそろ変化が欲しい。ということで、未だ入らぬ世界へと足を踏み入れるには丁度良い条件が揃った日。

伺ったのは「餃子の満州」。

各地にその店構えあり。でも特に入ろうというほど「餃子好き」というわけではない。ただただ今日は中華っぽいものが食べたいということで、目の前に聳え立つ「満州」に魅せられたということだろう。

昼の中華料理屋さんの定食といえば「レバニラ」(そうか?)。
ということで、当然の餃子セットでいただきます。だって「餃子の満州」ですからね。
初回ということで大画面表示。って、これまでの各種チェーン店の初回は、概ね標準画面だったような気もするので、「餃子の満州」、ここには何か惹かれるものがあってのことかもしれない(笑)。味的には全くもって問題なし。量と価格も悪くはない。ちなみにレバーの質もウリになっています(メニュー表示上)。

ということで、また来ますね「満州」

千川「MOS」(24)

今日は遅めのスタート。ゆえに朝食も遅め。
千川駅近くの「MOS」は8:00営業開始。もう少し早いと千川駅周辺の朝のレパートリーになるんだけど、仕方ないかな。ということで、こういう遅い朝には早速の利用です。

十勝コロッケバーガー。

定番化しているけど、
これって
「期間限定商品」かな…。
個人的には相当気に入ってマス。

そしてアイスコーヒー(S)です。

できれば大泉学園のMOSのように電源使用を可能△靴討發蕕┐襪函PC作業がゆったりできるのだけど。そこもちょっと残念。でも場所柄、利用率は今後も高くなる予感。(って、もうすでに3回も利用してますけどね、7月中に♪)

さて、食事を終えたら仕事に入りましょう。休みってわけじゃないんだからね。

池袋西口「かつや」

真昼間の池袋西口。すでに怪しい。
「ふくろ」では飲みのみに徹し(飲み飲みではないです、飲みonlyの意/書かんでもわかるか・笑)、御飯ものは外で物色。と、「ふくろ」から西口ロータリー方面に出てすぐ目の前に「かつや」の看板。揚げ物・丼物系のチェーン店ですね。
となると微妙に揚げ物がいただきたくなってきた(「ふくろ」も天麩羅やフライは豊富なんですけどね)。そして9月に入ったばかりとくれば、Rの月になったらやっぱり牡蠣でしょう♪ ということで、カキフライ丼をいただきます。
キャベツが嬉しいですね。ソースも納得(丼だとやっぱりタルタルソースにはならないのですね)、ということで、がっつりいただきます。

あぁ納得の日中。今日はでこれ帰ります。
(本当に良いのか、それで…)

練馬駅「MOS」(23)

結局昨日は気合の昼食で一日が終わった(=夕食を喰いっぱぐれてしまった)。ということで、今日はしっかり朝食から決めよう!と、練馬駅で乗り換えの際に、一旦、ホームから下ったところで駅構内にあるMOSに入る。

まずはアイスコーヒーをいただき、ぐぐっと目覚めながら、メインバーガーを待ちます。その間にPC作業もできますね。

そして今日のメイン・その1。

ライスバーガー。
ちょっと仕上がりが貧相な感じは
気のせい?


次いで今日のメイン・その2.

そして頻繁にいただいている
「十勝コロッケバーガー」。
こちらは充実の一品。


満足満足の朝食となります。

さて、気力を充実させて、今日も一日頑張りましょう。
…と、有楽町線に乗ります。

「Jonathan's」小竹向原店(23)

昨日の堪能を思い出すと仕事に行く足取りが重くなってしまいそうだったので、それをすっかりと忘れて、前向きに進む月曜日。そんな感じだったので、ついつい朝食が抜けてしまい、突然の昼食は、小竹向原駅階段上がってスグの「Jonathan's」小竹向原店。もうすっかりお馴染みになってしまいましたね。
ということで、迷わず日替わりランチをいただきます。

今日の日替わりは、日替わりらしくない充実ぶりが際立っているような気がしますが、それは朝食を抜いたせいかもしれませんね。

ということで、充実の昼食を終え、午後の仕事に入ります。

う〜っ、切替だ、切替っ!

宇都宮「神無月」

落ち着いた昼食(でも正確には一食目)の後、宇都宮駅方面に歩く。大通りに面した店の前で歩みを止める。

きのこ 串焼き おでん
「神無月」。

気になるなぁ〜。

ということで、店を覗くと、日本酒あり。

なかなかのラインナップで瓶が並ぶ。
「十四代」「獺祭」「麒麟山」「四万十川」「四季桜」「鳳凰美田」「至」「北雪」「熟露枯」「臥龍梅」「緑川」「菊水」「村祐」「春鹿」…といろいろ混ざりながらも、ありかなライン。店の外だと瓶だけワールドの可能性もあるけど、店内は一応、置いていた(置いてある)酒だろうから、これは魅力。


カウンターには張り紙で「鳳凰美田 剣 ¥850」「鶴齢 ¥900」「出羽桜 800円」「獺祭 ¥900」「春鹿 700円」「寒河江荘 700円」とあるので、これは確実に呑めるでしょう。

ということで、入店。仕事も終えているし、ひとまず食べたから昼から酒といきましょう。

肴もいろいろありそうで、
メニュー的にも楽しそう。

と思って、最初は「鶴齢」を、と頼んだら、気の良さそうなおばちゃん曰く

「お昼は定食なんですよ〜♪」



…かなりショック。



ここで店を出れば良いのだけど、これも何かの縁と、定食を堂々と注文(汗、さっき天丼と笊蕎麦をいただいたばかりのような…その後の運動は徒歩20分のみ・・・大汗)。



「焼魚(秋刀魚)定食ください♪」




…で、来ました








…が、これが秋刀魚だけじゃない。
温泉卵、ハムサラダ、薩摩揚げの煮物、柚子味噌蒟蒻、浅漬け、そして、茹で玉蜀黍つきで、御飯は何と大盛。




………





これは拷問だな。





でも定食としては素晴らしい。コストパーフォーマンスはべらぼうに高いです。

お味噌汁は岩糊で、
実に美味い!


柚子味噌蒟蒻も素晴らしい。
絶対につまみだろうけど(笑)。

ということで、美味しさを原動力にして、気合と根性の後押しをもって、本日の二食目をいただきます。





美味しい。





けど辛い…(汗)。





願わくば、これが一食目だったら何も言うことはなかったし、いや、一食目とのインターバルが20分じゃなければ、大喜びなのだ。ただただ今日はタイミングが悪かった。(まぁ、判断もだね) 日本酒ラインといい、肴類メニューといい、結構、魅力の店ですし、とっても良心的であることは間違いない。

次回はタイミングをしっかり合わせて、必ず来ましょう「神無月」。ちなみに今日からは「長月」。
と思っていたら、食後の珈琲もきました。

嬉しすぎる。

大堪能を遥か遠くに見送るがごとく、しばし珈琲をいただきながら休息に入ります。

余所者はさっさと立ち去るのが礼儀じゃなかったのか…




すみません、動けません(笑・汗)。

| 1/55PAGES | >>