<< 西武新宿「グリーンプラザ新宿」(23) | main | 吉祥寺北口「ホープ軒」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

吉祥寺北口「こうた」


吉祥寺駅近くの自転車屋さんに用事あり。千川通りから吉祥寺方面への抜け道を通り、女子大学通りで右折。通り沿いに気になる店を発見。

膳呑蔵「こうた」。


衝動的に飛び込む(笑)。

ただし、全く根拠もなく飛び込んだわけではなく、店内の日本酒掲示黒板に「笹祝」とあったのが決め手。ということで、早速の一杯目は「笹祝」。

「笹祝」笹印 純米酒
平成18酒造年度産 無濾過酒

 使用米/山田錦100%
 精米歩合60%
 使用酵母/協会901酵母、S-10酵母
 アルコール分15.0度以上16.0度未満
 杜氏/畠山洋一
 製造年月08.4.
 笹祝酒造株式会社
 (新潟県新潟市西蒲区松野尾)

微妙に拘りを感じる「笹祝」です。気に入りました♪

料理は「黒毛和牛の正肉及びホルモン、チャンキー地鶏等を鉄板で焼いて提供しています。」とお店に置いてあった冊子「Musashinoごうちそうフェスタ」(武蔵野商工会議所 製作)に書かれている通り、鉄板焼系のメニューが豊富です。また新鮮な内臓系の入手ができるとのことで、斯様なメニューもありかなり惹かれます。ただし、今日は軽めにということで、カウンター前の大皿料理(実に美味しそうです♪)が並んでいますので、そこからいただきます。

「きくらげとベーコン、パプリカの炒めもの」(仮称)

いろいろとお話を伺いながら、日本酒も進みます。ということで二杯目は「獺祭」。これもちょっとこだわりのお酒ですね。

「獺祭」純米大吟醸 遠心分離50
 精米歩合50%
 アルコール分16.0度以上17.0度未満
 製造年月08.09
 旭酒造株式会社
 (山口県岩国市周東町獺越)

遠心分離については、
このお酒は通常のお酒のしぼりようのうに袋などを機械的に圧力をかけて搾ったものでなく、遠心分離の技術を使ってもろみから酒を分離したものです。
無加圧状態で、もろみから酒を分離するため、純米吟醸もろみの本来持つ香りやふくらみなどの美点が崩れることなく、このお酒に表現されています。
と裏書に書かれています。

引き続き三杯目は「鶴齢」。「鶴齢」は蔵との関係もあるようで、いろいろな種類のものがあります。まず、その一杯目ということで、一番貴重なものからいただきます。

「鶴齢」特別純米 亀の尾
無濾過生原酒

 原料米/新潟県産亀の尾100%使用
 精米歩合55%
 酸度1.6 日本酒度+4.0 アミノ酸0.8
 アルコール度数17度以上18度未満
 仕込水/巻機山伏流水
 杜氏/新保英博(越後杜氏)
 製造年月2005.3
 蔵出年月2008.2
 青木酒造株式会社
 (新潟県南魚沼市塩沢)

製造年月から見て16BYということでしょうね。蔵で3年間寝かしていたということですね。亀の尾の味わいがしっかりと熟成された実にふくらみのあるお酒です。

そして四杯目(「鶴齢」の2種類目)。

「鶴齢」特別純米 越淡麗
無濾過生原酒 19BY

 原料米/越淡麗100%使用
 精米歩合55%
 酸度1.7 日本酒度-1.5 アミノ酸1.1
 アルコール度数17度以上18度未満
 仕込水/巻機山伏流水
 杜氏/新保英博(越後杜氏)
 製造年月2008.04
 蔵出年月2008.08
 青木酒造株式会社
 (新潟県南魚沼市塩沢)

越淡麗は初ですね。

カウンターの大皿料理から「おから」(仮称)


同じく大皿料理から「豚もつ酢」(仮称)


日本酒もぐいぐいと進みます。
ここで一旦「鶴齢」を離れて、「こうた」の定番酒である「谷泉」をいただきます。

「谷泉」奥能登 純米酒
極寒造り

 原料米/自家栽培五百万石100%
 精米歩合60%
 アルコール分15度以上16度未満
 貯蔵状態/-3℃瓶貯蔵
 杜氏/坂谷直蔵(能登杜氏)
 出荷年日20.7.5.
 株式会社 鶴野酒造店
 (石川県能登町鵜川)

呑み飽きないタイプのお酒です。ぐいぐいと進みます。

ということで再び「鶴齢」に戻りますが、すでに六杯目。おまけに「谷泉」の後、厨房のどこからか、四合瓶のいろいろなお酒を出していただき、4種類ほど試飲させていただきました。
…ということで、今日はこれで打ち止めです。

「鶴齢」特別純米 美山錦
無濾過生原酒 中汲み 19BY

 原料米/美山錦100%
 精米歩合55%
 酸度1.9 日本酒度+2.0 アミノ酸1.8
 仕込水/巻機山伏流水
 アルコール度数17度以上18度未満
 杜氏/新保英博(越後杜氏)
 製造年月2007.12
 蔵出年月2008.9
 青木酒造株式会社
 (新潟県南魚沼市塩沢)

味のしっかりとしたバランスの良いお酒です。六杯目+4種類の最後でしたが、美味しく堪能いたしました。

ひょいと立ち寄って軽くのつもりが、長居を、かつ10種類の日本酒を大堪能状態でした。特に「鶴齢」3種類の無濾過生原酒は、お米の違い、そして(それに応じた)熟成度の違いを楽しむことができました。ありがとうございました。

吉祥寺近辺を通りかかった際には、必ず伺います♪

スポンサーサイト

| - | 22:09 | - | - |

Comment

Submit Comment