<< 大泉学園「だんだん」(9) | main | 大泉学園「なか卯」(4) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

武蔵関「タロヲ坐」(9)

仕事を終えて武蔵関の方と一緒に、駅北口の「タロヲ坐」で一献。ここのところ新しい日本酒が入っている「タロヲ坐」ですが、購入元はもちろん地元の大塚屋さん。ということで、濃いお酒がしっかりラインナップされています。
まずは「炭屋弥兵衛」。

「炭屋弥兵衛」純米造り
 原料米/雄町米
 精米歩合65%
 アルコール分15度以上16度未満
 製造年月08-04
 株式会社 辻本店
 (岡山県真庭市勝山)

裏書にもありますが、活性炭素を用いず、純米酒本来の山吹色の輝きのある、旨味を大切にしたお酒。バランスも良いですね。ということで肴は「秋刀魚塩焼」。

こんがりと美しい焼き目。身もふっくらとして、美味しくいただきます。


ちなみにこれは秋刀魚心臓。

そして二杯目は「竹鶴 秘傳」。

「竹鶴 秘傳」純米清酒
 精米歩合65%
 アルコール分15度以上16度未満
 製造年月20 8
 創業享保拾八年
 竹鶴酒造株式会社
 (広島県竹原市本町)


燗にしていただき、大蒜焼でいただきます。
コクのある野太い味わいのお酒ですが、やっぱり燗だと落ち着きますね。
大蒜焼は味噌が決め手ですね、はい。

そして三杯目は比較的定番の「杉勇」。

「杉勇」出羽の里 純米酒
 アルコール分15.0度以上16.0度未満
 原料米/出羽の里100%
 精米歩合70%
 使用酵母/山形酵母
 日本酒度+2 酸度1.5
 製造年月'08.10.
 合資会社 杉勇蕨岡酒造場
 (山形県飽海郡遊佐町上蕨岡字御備田)

「馬刺」でいただきます。
柔らかくて風味の良い馬刺です♪

さらに四杯目は、「タロヲ坐」では初めてかな…の「明鏡止水」。

「明鏡止水」純米吟醸
 アルコール分16度以上17度未満
 精米歩合/麹米50% 掛米55%
 日本酒度+3 酸度1.4
 杜氏/大澤 実
 製造時期19.12
 大澤酒造株式会社
 (長野県佐久市茂田井)

ふ〜む、瓶詰めしてから約1年が経過していますね。どこで寝ていたのかは気になるところ。

と、ここで、お隣にいらっしゃる方からのいただきもの。

「松茸酒」。
松茸の香り豊なお酒です。長野県産であることはわかっていますが、何と言う蔵で造られたものか、などは一切不明の四合瓶でした。貴重な経験、ありがとうございました。

ではいよいよ〆に向かいましょう。「鶏玉雑炊」を頼みます。

まずは鍋に出汁と鶏、そこに葱を振ります。そして、何とご飯は洗米したものを、そのまま鍋に入れます。素晴らしい♪

できあがりはこちら。

鶏も充実した、美味しい雑炊です。

今日は結構長居をして、お酒も肴もたっぷりといただきました。ご馳走様でした。

スポンサーサイト

| - | 22:18 | - | - |

Comment

Submit Comment