<< 練馬高野台「ドトール」(10) | main | 上井草「てっぺん」(8) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

上井草「やしん坊」(17)

火曜日始まりの今週。

ということで、月曜定休日の馬刺大衆割烹「やしん坊」から一週間が始まります。そろそろ十二月も間近ということもあって、「やしん坊」にもおでんの赤提灯が似合う季節になってきました。

さて、そんな今夜の一杯目、いや一本目は「〆張鶴」。

「〆張鶴」吟醸 生貯蔵酒
 アルコール分15度 精米歩合50%
 製造年月日08.07.03
 宮尾酒造株式会社
 (新潟県村上市上片町)

今日は瓶ごとですので、手酌でぐびりちびりといただきます。お通しの「しらす」でまず行きます。しかし、すぐ切れてしまいますので、お次は赤提灯の「おでん」をいただきます。
美味いっ♪

しかし、今日は瓶なので、まだまだイケマス。ということで「揚出豆腐」も。
「揚出豆腐」って、このかりり感と漬け汁の風味のマッチングだなぁとつくづく思います。

ということで、肴三種で「〆張鶴」を呑み干して次へ。

雪国の酒「蔵酒」にごりざけ
 アルコール分18度以上19度未満
 原材料名/
  米・米麹・醸造用アルコール・糖類・酸味料
 原料米/新潟早生 精米歩合70%
 仕込水/飯豊山系伏流水(軟水)
 日本酒度-6.0
 製造年月2008.9.CF
 金升酒造株式会社
 (新潟県新発田市豊町)

これは入ってマス。酸味料まで入ってマス。「初花」として普通酒で出しているメーカーのお酒ですね。強烈です。味もそうですが、濃度も原酒並みの18度以上系です。

これならば味の濃いものでも大丈夫そうかな…ということで、「ミミガー」をいただきます。そう、「やしん坊」は沖縄料理系も優れています。
今日はスタートが22:30でしたので、かなり遅いということで、単独参加の日本酒制覇は二歩前進で終了です。

スポンサーサイト

| - | 23:37 | - | - |

Comment

Submit Comment