<< 家での夜食「スープスパ」 | main | 新秋津「良人」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

自作「鍋炊き御飯」

home最終戦・勝利(くどいか・笑)の帰り道、ようやく米(無洗米)を購入し、今朝はご飯を炊くこととなった。丁寧に作りたいのはやまやまだが、昨晩も今朝もそれほどの余裕はないので、二合の米をさっと水洗いし、電気炊飯器に入れる。この炊飯器、旧宅からずっと愛用のものであるが、新宅でようやくの活動再開である。無洗米ゆえに、水を幾分多めに加えた後、「炊飯」のボタンを押す。あとは炊き上がるまでの間に、各種、おかずを作ればよい。








だが、








がららららららん
ごごごごごごごごごぉ
ごろごろごろごろごろごろごろごろ…
(以下、類似音継続)

と、今までにこの炊飯器では聞いたことのない、異様な音が響き渡る。














これは危ない!(たぶん)

…ということで、電気炊飯器使用断念。(汗)










そういう時は外食に切り替えればよいのだが、先ほどまで異常音を発していた炊飯器の中に残る二合の米たちが、何か無念な気がしてならず、その際に、ふと、先日の光景〜出汁の中に洗米をそのまま投入して作っていただいた雑炊〜が蘇った。

すかさず「鍋 ご飯の炊き方」で検索。(googleでは選択肢が出るほどのアクセス頻繁系)


ご飯の鍋炊き
 http://www.geocities.co.jp/foodpia/6377/Japanisch/Reisjp.html
おいしいごはんを炊こう2「お鍋でご飯編」(東京斯)
 http://home.tokyo-gas.co.jp/benri/gohan/p3.html
ご飯の炊き方(男の趣肴HP)
 http://www.ajiwai.com/otoko/make/goha_fr.htm

などがヒット。さっと読んでみると、鍋は何でも良いようで(拘るなら南部鉄器のご飯鍋など最高だろうなぁ〜)、最初の10分で沸騰するような火力の設定がミソ、その後は10分ほど弱火で続けて、あとは火を止めて10分から15分蒸らす、ということ。

ということで、電気炊飯器の米二合を一旦笊に採って水を切り、ガスコンロ上で暇そうにしている片手鍋(径16cm)に移し、水を200ml×2杯強(無洗米ゆえ)投入。そのまま火にかけても良かったのだけど、もし、失敗したときは、水を追加して雑炊にしてやろうと思い、ここに白醤油、鰹出汁粉末、微量に酒、塩を投入。そして、一番小さい火力のコンロで強めの弱火程度でスタート。すかさずタイマーを10分かける。

この間、ちらちらと鍋の様子を見ながらおかず類調理。9分ほど経過すると吹いてきた。

―ちょっと火力が強かったか―

と、コンロの火力調節バーの位置を確認した後、最弱火に。再びタイマー10分をスタートし、またまた、ちらちらと鍋の様子を見ながら、おかず類調理・その2。すると…8分半を経過したところで…










ガスコンロからピー!ピー! と警戒音

と共に、火が消えた。










そうか、このガスコンロ…どの火力のところも、「空焚き防止機能付」なのだ。と、入居後、約3ヶ月を経て、今気づく(笑)。


ということで、ガスのスイッチを切り、そのまま15分の蒸らしに入る。

でもって、無事、ご飯(幾分味付・笑)が炊けました。
やってみると意外と簡単。ま、微妙な食感が向上するにはもう少し時間と工夫が要りそうですが、まずは食べれるご飯ができました。所要時間は洗米を含めても40分ほど。途中の切り替え時を意識しなくてはいけないけど、救われるのは弱火の終了時間が、コンロの空焚き防止をそのまま利用できるので、あまり気にしなくて良さそう。最初の10分で沸騰の火力を確認すれば、あとは馴れかなと♪

さて、ご飯は完食。保温機能はないけど、食べきる量を炊けばよいということですね。個人的に、電気炊飯器の保温は好きじゃないので、潔く「鍋炊き」道(ってあるんかな・笑)に入ろう。よって電気炊飯器購入はナシ。

スポンサーサイト

| - | 06:57 | - | - |

Comment

Submit Comment