<< 富士見台「川名」(祝・10) | main | 大泉学園「なか卯」(5) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

大泉学園「地蔵」(3)

富士見台でのお刺身談義が終了した後、いわゆる夕食をいただくべく伺うのが、そろそろ流れになりつつある、大泉学園駅北口のとんかつ・多酒多彩「地蔵」。今回が3回目ですが、1回目2回目も含め、全てお刺身談義の後というのは、明らかに条件反射的、いや自然の流れというものか(笑)。

さて、今日はまた冒頭からグラスを4つ並べていただきました。覚えていてもらって嬉しい限りですね。
4種類目は後ほど登場するとして、まずは3種類をご紹介。


左から
「出羽桜」雄町・純米吟醸
「浦霞」蔵の華・純米大吟醸
「飛露喜」かすみざけ・初しぼり

どれも銘柄は驚かないものの、スペック的に(ラベル的にも)初めてのものが多く、感激。

ということで、この中から選ばれた1杯目は「浦霞」純米大吟醸。

「浦霞」蔵の華 純米大吟醸
平成十九醸造年度

 原料米/蔵の華100%(宮城県産酒造好適米)
 精米歩合40%
 アルコール分16度以上17度未満
 製造年月08.11.
 株式会社 佐浦
 (宮城県塩釜市本町)

やっぱり純米大吟醸だけあって、洗練されたというか絞り込まれた味わいです。雑味が少なく、すっきり感は強いですね。大吟醸ですが香りはそれほど高くなく、バランス的には締まった感じで呑み易いお酒です。

ということで、肴は「厚焼き玉子」をいただきます。
今日は白い徳利と猪口の箸置きです。

前回同様のお通し「各種浅漬け」と「ひじき煮」もいただきます。

さて、二杯目は先ほど試飲させていただいた4種類目の「宮寒梅」。

「宮寒梅」ひより 純米大吟醸
 原料米/ひより(自社田米)
 精米歩合50%
 日本酒度+1 酸度1.4
 アルコール分15度以上16度未満
 製造年月20.11.
 合名会社 寒梅酒造
 (宮城県大崎市古川柏崎字境田)

酒造好適米「ひより」は、山田錦(母)×ササシグレ(父)で、宮城県岩沼市で育成された品種だそうです。扱っている蔵は少ないようですね。こちらも大吟醸とはいっても香りは特に強くなく、引き締まったバランスの良さです。

肴に「串揚げ選択5本」をいただきますが、味的には充分に馴染めます。
左から、「豚キムチ」「一口メンチかつ」「うずら卵」「チーズはんぺん」「椎茸クリームチーズ」。

ということで、今日も新しいお酒をご紹介いただき、ありがとうございました。
『東北酒』を堪能してしまいましたね♪

あ、でも夕食にならないうちに閉店時刻になってしまった気がする…(汗)

スポンサーサイト

| - | 23:14 | - | - |

Comment

Submit Comment