<< 上石神井「いろは」 | main | 荻窪「いちべえ」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

西武柳沢「奥信濃」

電車利用の通勤でちょいと夕刻に立ち寄る「奥信濃」。

お通しの丁寧さはいつも感激している。
今日はやっぱり喉が渇いているので、まずビール。
ビールの勢いで、鰯梅肉揚げ。


・・・で次はやっぱり日本酒。
こころのところ鹿野酒造の「益荒男」・「常きげん」がコンスタントにある。

先日は、鹿野酒造の専務(だったかな)が、東京・武蔵関「大塚酒店」(奥信濃の酒の仕入れ元)に来た際、「奥信濃」にも訪れたとのこと。そういう時に店に居合わせると、いろいろお話も伺えるのだが、タイミングが合わず、誠に残念。


「常きげん」本醸造
鹿野酒造株式会社(石川県加賀市八日市町)

「現代の名工」受賞
能登杜氏 農口尚彦 作

のラベルあり。

究極のひね香(表現が正しいかどうかはさておき・笑)といえるあの「菊姫」の杜氏として名を馳せた、能登四天王の一人。
その後、「菊姫」を退社し、小さな蔵「常きげん」でさらに日本酒を極めようとするその姿勢は「魂の酒」(ポプラ社)でひしひしと伝わってきた。


この本を読んで以来「農口」ファンである私にとって、「奥信濃」に行けばその作品が呑める、というのはとにかく嬉しい。
ほんのり色づいたところが味わいを予感させる。


この他にも山廃もあった。農口さんの技巧はやっぱり山廃で生きる、という印象がある。今日は家で夕食作成なので、これにて散会。次回は是非、山廃もいただこう♪

スポンサーサイト

| - | 19:00 | - | - |

Comment

Submit Comment