<< 富士見台「松屋」(72) | main | 自作「釜揚げシロゴ丼」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

武蔵関「タロヲ坐」(12)

今日は武蔵関在住の方とご一緒の帰路となりましたので、武蔵関駅北口にある「タロヲ坐」へ伺います。12月11日以来、実に82日ぶりの訪問です。ご無沙汰しておりました。
日本酒からがほぼ基本となっていた「タロヲ坐」ですので、まずは冷蔵庫に視線を送るのですが、今日はその手前、焼酎瓶の並んでいるところで、目が留まります。

「開春 竜馬」生酉元。

この常温保管は嬉しいですねぇ〜♪ ということで、早速いただきます。

「開春 竜馬」生酉元 火入原酒
 アルコール17.5%
 日本酒度+8 酸度2.0 アミノ酸度1.8
 原料米/山田錦
 精米歩合65%
 酵母/無添加
 もろみ日数26日
 杜氏/山口竜馬(自社)
 製造年月21.1.
 若林酒造有限会社
 (島根県大田市温泉津町小浜口)

う〜ん♪ 良い味わいが出ています。タロヲさんの選択は大正解ですね。素晴らしい♪

ということで、最初の肴、定番の「キャベツと大蒜の浅漬け」で日本酒も進みます。
そして焼鳥三種。


酒も肴もシンプルですが、実に美味しい「タロヲ坐」です。懇談は時間限定ですが、じっくりと深まります。

そして約40分。「開春 竜馬」を二杯いただいて、今日はお開きです。
また伺います♪

スポンサーサイト

| - | 18:54 | - | - |

Comment

Submit Comment