<< 江古田「水鳥亭」 | main | 大泉学園「MOS」(祝・10) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

高尾「彦酉」(2)

季節ごとの高尾での仕事も、何回目になるのだろうか。仕事後の宴も楽しみのひとつとなっていたが、場所は初回が「彦酉」だったあとは、いつも閉まっていたので「多摩の里」だった。今回も「多摩の里」を想定していたら、しっかり「彦酉」が開いていたので、迷わずそちらへ。
実に1年5ヶ月ぶりの訪問になる。
元気な親父さんにご挨拶の後、早速のお酒なのですが、すでに話が盛り上がっていたので、何を注文したか定かではなく、ちゃんとした銘柄の「にごり」を、お通しの「もつ煮」でぐいぐいと呑みます。

そして、「彦酉」定番のお刺身の盛り合わせは、いつも充実しています。

でもって「鮟肝」も外せませんし、

人によって好みの分かれるところですが「ほや刺」も。

あとは皆さんの注文品を、つまませていただきます。




そしてお酒をいただきます(ちゃんとした銘柄だったのですが、記録せずぐびぐびと呑んでしまいました)。

何杯呑んだでしょうか。何種類呑んだでしょうか。憶えていないほどですが、でも意識はちゃんとしていましたし、最後まで実に充実した議論でした。ただただ食べたものと呑んだものの記憶(というか記録)が曖昧で…。いずれにしても美味しいものを堪能し、充実したひとときを皆さんと過ごしたことだけは間違いない、そういう「彦酉」の充実感は昔と変わらないものがあります。また、次の高尾仕事ではお世話になります。(だから開いていてください…強い願望)

スポンサーサイト

| - | 19:42 | - | - |

Comment

Submit Comment