<< 西武柳沢「奥信濃」 | main | 三鷹北口「宮田酒店」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

東伏見「べっしゃん」

日本酒 archives とは


寝酒が切れたので、一番近所の居酒屋「べっしゃん」へ伺う。

ここも日本酒は丁寧に選んで入れてくれています。

丁度入荷のものが2品ありましたので、今日はそのうちのひとつを開栓していただきました。

「竹鶴」秘傳
純米

 アルコール分/15度以上16度未満
 精米歩合65%
 製造年月17.4.
 竹鶴酒造株式会社
 (広島県竹原市本町)

酒屋さんの話だと、3年ほど熟成させたもの、ということです。確かにかなり琥珀色になっている。しかし、いわゆる古酒の風味はせず、竹鶴というか広島の酒独特の風味(だと私は感じているのですが)が爽やかにある、という呑み口の良い、味と香りもしっかりとした酒に仕上がっているという印象。感激のあまり二杯もいただいてしまいました。

さて肴。最初は「べっしゃん」で必ずいただく、「セロリの浅漬」。
これ好きなんですね、私。
作り方は非常に簡単だそうですが、なかなか絶品だと私思っていますので、毎回注文です。はい。

次は、「鹿児島赤鶏の昆布〆のたたき」。
山葵醤油、塩と檸檬、どちらもOKですが、これもまた美味い。

堪能の時間で…寝酒にならんなぁ…ははは。

スポンサーサイト

| - | 23:20 | - | - |

Comment

Submit Comment