<< 池袋北口「豊田屋」 | main | 池袋東口「神座」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

池袋北口「帆立屋」

一品一本の「豊田屋」を出て、やはりもう一軒は行きたくなっちゃいましたので、これまた5月8日の「池袋北口界隈」で発見した立呑亭「帆立屋」に伺います。
狙い目は日本酒の品揃えなのですが…果たして…。

まずは店内はこのような雰囲気です。「立呑亭」とありますが、何故か、全部椅子付(笑)。あ、でもその方が嬉しいは嬉しいのですよね、はい。

(注)
この画像はかなり遅い時間帯(詳細は後述)です。入店した23時20分頃はほぼ満席でした。

ということで、まずは壁に紹介チラシが貼られていた「喜平」(380円)をいきなり♪

「喜平 涼風一献」本醸造 生貯蔵酒
 アルコール分14度以上15度未満
 精米歩合65%
 製造年月09.05
 平喜酒造株式会社
 (岡山県浅口市鴨方町鴨方)

〔特徴〕
本醸造らしいキリリとした味わい
フレッシュな香り
冷やして呑む夏の酒

なるほどね〜 と納得しながらいただきます。
しかし、先日の回し鮨「若貴」もそうですが、池袋は「喜平」の需要(あるいは供給)が多い街だなとつくづく思う次第。やはり卸し元の「平喜屋」(たちのみや「喜平」参照)があるせいでしょうね。

でもって、「帆立屋」はお通し無しですので、まずは日本酒だけをぐびぐびと呑みながら、品目を選びます。

最初の肴は「肉じゃが」(315円)。
大きなじゃが芋がホクホクで実に美味しいですね、これは♪

そして気になっていた「帆立屋」らしい品目、「活帆立焼」(420円)。
そのままでも美味しいですが、檸檬を絞ると、また一段と美味しい。

と、これで加速化♪ というか、店内を見渡した際に冷蔵庫の中にいろいろ発見しましたので、毎度の質問「日本酒、何かありませんか?」を発すると、左の札を出していただきました。

素晴らしいラインナップだ!
予想通りでしたね♪

ということで「鯉川」(420円)をいただきます。

「鯉川」特別純米
 アルコール度数15.3%
 日本酒度+6.5 総酸度1.5 アミノ酸度1.0
 精米歩合55%
 蔵出し月日21.4
 鯉川酒造株式会社
 (山形県東田川郡庄内町余目字興野)

ラベルの書は吉沢和子さん
デザインは林佳恵さんとのこと。

う〜、何か最近、このような日本酒を呑んでいなかったような…(笑)。嬉しい美味しさに浸り、「活帆立焼」でいただきます。至福♪

でもって当に加速化! 3杯目は「小左衛門」。

「小佐衛門」純米吟醸38号 攻め採り
無濾過 瓶熟成

 お米品種/備前雄町
 使用割合100% 精米歩合50%
 アルコール% 15.5
 日本酒度+1 酸1.3
 蔵内処理/瓶燗急冷
 製造年度19BY
 製造年月2009.4
 中島醸造株式会社
 (岐阜県瑞浪市土岐町)


嬉しさで呑み続けていますが、もう一品肴をと、今度はホワイトボード「本日のおすすめ」を拝見。

これまた刺身系から煮物、焼き物、
さらにはちょっとした小皿系まで実に多彩。感涙です。

という中で「鰆叩き」(380円)をいただきます。
あはははは〜♪ 嬉しすぎます。
味と価格のアンバランスが見事としか言いようがないですね。

安くても美味い! と感激しながらいつの間にか2時間が経過しており、日付変更線も大幅に超えています。終電車はとっくに行ってしまった。それでも安心。

そう、「帆立屋」は24時間営業なのです。
流石に終電を過ぎると、お客さんは結構減りました(最初の画像参照)。

ということで、もう1枚のホワイトボード「帆立屋のおすすめ」を拝見します。

こちらは、カマンベールフライ、ポテ玉チーズフライ、チーズ盛り合わせ、ベーコントマトピザ、バジルベーコンピザ、チキンマカロニグラタン…と春の新メニュー「もつ煮」(あ、あと隣に本格焼酎「八丈鬼ごろし」も)といういうことで、最後の「もつ煮」を除くと「チーズ系」メニュー。

素晴らしい。これもまたちょっと違った側面で、日本酒とのマッチングが楽しめますね〜。
と、突然、くらっと来ました(笑)。
…。

スポンサーサイト

| - | 01:37 | - | - |

Comment

Submit Comment