<< 「Jonathan's」小竹向原店(12) | main | 練馬「一笑」(2) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

千川「鰍嘉」(2)

贅沢は敵だと言わんばかりの昨日の想いはどこへ行ったのか? 朝食を抜いた今日の昼は、もう我慢できずに四季の料理「鰍嘉」の暖簾をくぐる。

前回チェックした「あじたたき定食 ¥850」に飛びついてしまったのだった。でも、朝食と込みと考えて850÷2=425円で一食分とするならば、吉野家で牛丼をいただいたと思えばとんとんか?などという姑息な計算をしながら拝ませていただいた「あじたたき」は実に美しかった。

この崇高な「あじたたき」を拝見すると、やっぱり美味しいものは美味しいし、食べるものには相応のお金をかける幸せがあるものだと、思わずにはいられない。

お腹もそうだけど心が満足して店を出ると、
風にたなびく幟。

鼈かぁ〜。
引き寄せられるけど、ここは我慢。
それに、もしいただくのであれば、
やっぱり「べ」でしょうしね。

そんな想いで幟をしばし眺め続ける今日この頃。


スポンサーサイト

| - | 14:13 | - | - |

Comment

Submit Comment