<< 大泉学園「吉野家」(69) | main | 池袋西口「君塚」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

西池袋「枡新酒店」

千川から池袋までの地下鉄道路沿い、池袋まであと少しのところにある酒屋さん「枡新酒店」。以前、池袋の日本酒店の前に、酒屋さんの名札が飾られていたので、それで名前はインプット。ここにあったのですね、ということで早速店内を拝見。常温の棚にも一升瓶がぎっしり、冷蔵庫は入口近くと奥にそれぞれ。奥の方が怪しいですね(笑)。どぶろく系なども密やかに置かれています(注;当然ながら違法酒類ではないですからね)。
さて、今回は今夜のお宿となる守谷の農家の方々用に一升瓶を一本購入しようというのが狙い。したがって、そのような魅惑の日本酒も十二分に惹かれるのですが、冷蔵系生酒や発泡の可能性のある酒は、今日の選択からは残念ながら除外。今から夜まではひたすら茨城県内某所で作業ですからね。ゆえに、今回は「本州一」純米を購入します。常温の棚のところにおいてある火入れですので、これなら今日の夜までリュックに詰めて持ち歩いても影響は少ないでしょうね。
ということで、次はもう少し怪しいお酒を購入したくなる、実に魅力的な「枡新酒店」さんでした。

スポンサーサイト

| - | 10:45 | - | - |

Comment

Submit Comment