<< 渡邊佐平商店 | main | 野方「乃がた」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

東中野「地熱風」

日本酒 archives とは


日本代表戦の後、引き続き同居人様と一緒に、東中野駅前 酒房「地熱風 Zinepp」で日本酒三昧。

お通し。


マスターへのお任せで、「三重錦」「根知男山」「美和桜」「天寶一(2種類)」を次々といただきました。

「三重錦」純米
 中井仁平酒造場
 (三重県伊賀市上野西大手町)



「根知男山」
吟醸酒 生詰

 合名会社 渡辺酒造店
 (新潟県糸魚川市根小屋)



「美和桜」山廃純米生原酒
 アルコール分/17.0度以上18.0度未満
 精米歩合65% 全量地元産「八反」使用
 無濾過無調整
 製造年月2005.8.
 美和桜酒造有限会社
 (広島県三次市三和町下板木)



「天寶一」
生元酉造り 雄町純米生々
特別限定酒

 アルコール度数16度
 原料米/雄町 精米歩合60%
 日本酒度+1 酸度2.2
 使用酵母/協会6号
 株式会社 天寶一
 (広島県福山市神辺町大字川北)


この度「生モト造り」に挑み2年目になりますが、まだまだ勘がつかめず酒母で約40日間もかかりました。元々「生モト造り」に挑んだ理由は、酒を醸す上での微生物の原理を理解したいことと、酒本来の力強さは「生モト系」にあると思い醸しました。生モト独特の深みと味わいを伝えたい「一杯」のお酒です。 五代目 天寶一 村上康久 …裏書より

ここの「天寶一」はいつも何故か嬉しくなる。マスターの酒の品揃えは素晴らしいなぁと、つくづく感激。

またマスターの手料理も独特のものがあり、「地熱風」ならではの世界を堪能できます。


ということで、贅沢な一日でした。しかしまだ水曜日。大丈夫か・・・おぃ。

スポンサーサイト

| - | 23:17 | - | - |

Comment

Submit Comment