<< 巣鴨「千成」本店 | main | 東伏見「べっしゃん」(33) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

東伏見「べっしゃん」(32)

昨日は徹夜作業だったので、さっと寝酒にと閉店間際の「べっしゃん」に伺う。

新しい酒が入荷していた。これはいかん。本当は燗酒一杯に冷奴程度で帰ろうと思っていたが、これを見てしまうとどうにも止まらなくなりそうな不安(いや期待でしょう♪)に駆られるではないですか。

ということで、いつもの方からのイチオシ新人「信濃鶴」から。

「信濃鶴」特別純米
 アルコール分15度以上16度未満
 酒造株式会社 長生社
 (長野県駒ヶ根市赤須東)

呑み易いけど、ちゃんと味があって・・・というお酒。燗でも良いかもね〜ということで、またまた燗付器登場♪ ふ〜む、燗の方が味わいがよりよくなります。
しかし「酒造株式会社」とは何か凄い。そして社名の「長生社」。よくある形だと「株式会社 長生社酒造」とか「長生社酒造株式会社」ってな感じですよね。光る蔵の名前(社名)だな、「酒造株式会社 長生社」。

と、ここで肴です。噂の「殻付生牡蠣(三陸産)」をいただきます♪
「べっしゃん」の牡蠣は三陸ものが多いですね。例年だとこの時期はまだ身がそれほど充実していないのだそうですが、今年は結構良いということです。いただいてみると・・・確かに。昨年のこの時期の牡蠣を食感を覚えているわけではないので、比較をするほどではないですが、身はしっかりしています。口に含んだときの香りは何とも言えないですね。


ということで、酒は「宗玄」。

「宗玄」純米
ひやおろし原酒
八反錦55

 原料米/広島県産八反錦100%使用
 アルコール分/17度以上18度未満
 精米歩合55% 日本酒度+2 酸度1.6
 製造年月07.9.
 宗玄酒造株式会社
 (石川県珠洲市宝立町宗玄)

裏書に「能登杜氏が最高の醸造技術を傾注し・・・」とありますので、坂口杜氏のいらっしゃる方の蔵の酒だと思いますが …と、宗玄も半分は燗にしていただきます。ふむふむいけますぞ。

って、今日はさっと寝酒じゃなかったんかいなぁ〜 ということで〆の一杯。

「酔右衛門」特別純米
無濾過生原酒
18BY 仕込み16号

 原料米/岩手吟ぎんが100%使用
 精米歩合/50% 麹割合20%
 もろみ日数/27日
 アルコール分17.0度以上18.0度未満
 日本酒度+4 酸度1.8 アミノ酸度1.3
 使用酵母/協会7号
 製造年月2007.7.
 合資会社 川村酒造店
 (岩手県花巻市石島谷町好地)

封開けをいただきましたが、開ける際にシュワシュワ音が聞こえます。発泡活性系で味わいはズドン!とまっすぐな感じです。生酒ですが、燗も良いですという酒屋さんのコメントもあったということで、これも半分を燗にしていただきます。む〜、燗も良いが冷やの方が好きかな?


で、ついでに目の前の一升瓶の底に光る文字。
「正」1800mlなのですね。



ということで、本日の寝酒終了(多すぎ・汗)。

スポンサーサイト

| - | 23:59 | - | - |

Comment

Submit Comment