<< 九段下「串八珍」(2) | main | 三浦海岸「海鮮」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

品川駅11番・12番ホーム「常盤軒」(2)

新 三崎めぐり・その1

この夏2回目の三崎めぐりなので、新を付けてみました。
今回の「三崎めぐり」の発端は、前回発見した「みさきまぐろきっぷ」。

これはかなりの衝撃だった。
京急往復(三崎口まで)、京急バス乗り放題(油壺・三崎方面便利)、ホテル京急油壺「観潮荘」の湯に浸り、そして三崎界隈の指定料理店でお得なメニューやウエルカムドリンク付という代物である。これままさに油壺仕事のついでに周辺を堪能するには、実にベストな「お得系きっぷ」であった。にも関わらず、前回は現地でその存在を知ることとなったため、何ら効力を発揮しなかったのですね。ゆえに今回の「三崎めぐり」なのです(笑)。

そんなどうでも良い講釈はさておき、今回の三崎めぐりの出発地は品川。
JRと京急の乗換え中心でもあります。
01.jpg
そのJR品川駅の11番・12番ホームにあるのが、そば処「常盤軒」(以前は紺暖簾)。ここの利用はBlog開始からは2回目ですが、それ以前に教えていただき、何度か訪問したありがたいお店。品川スタートの朝食にはグーです。
(とは言うものの、前回は夕刻の宴前だったような…汗)

その一番の目玉品目が「お好みそば・うどん」。
詳細は前回に任せるとして、今朝もしっかり投入していただきます。
02.jpg
トッピングは前回比較でいくと、
若布、油揚、葱、竹輪牛蒡天、生卵、鰹節、山菜、里芋煮の計6種類。
あ、向きも換えましょう(笑)。
03.jpg
本当に他の常盤軒とは趣を異にしている魅惑の店ですが、今までの紺暖簾から緑暖簾(他の常盤軒と同じ)になったのがちょっと気になるところではあります。

ま、でも大堪能の朝食であることには違いなく、満足感を胸に抱き腹に持たせて、いざ「三崎口駅」へGO! と思ったら大間違い。今回の最初の目的地は「三浦海岸駅」なのです。さてさて何が出てくるかな?

あと忘れてはいけないのは、台風、来てます(笑)。これについては、店がやっていないとまずい、市場がやっていないと新鮮な魚が手に入らない、そんなことよりも、天候悪化で京急が止まったら明日の仕事はどうなるの?など、開催については賛否両論が吹き荒れたところもありましたが、ひとまず強行実施。そんなスリルも秘めた、今回の「新 三崎めぐり」です。

スポンサーサイト

| - | 09:02 | - | - |

Comment

Submit Comment