<< 小田原漁港(早川)「魚市場食堂」 | main | 熱海銀座「山洋水産」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

熱海温泉「日航亭大湯」

ということで、早川を後にして観音崎方面に進むのかと思いきや、まだ西へと進み、結局は(割と)毎度の熱海下車。

てくてくと歩いてたどり着くのは、温泉マニアの某氏曰く「やっぱり熱海はここだよね」とおっしゃっていたことを思い出して、熱海大湯の「日航亭」に伺います。

「熱海立ち寄り温泉」の幟というか旗が貼ってありました。
今日は哀愁の「福島屋旅館」には行くのかな(笑)。あそこも魅力なんですけど、今日は少しごろんと寝たいなぁと思ったので、それが可能な日航亭をチョイスした、という寸法です。ここはずっと以前に、そうこのblogを始める前は一度伺ったところでしたので、一応の勝手はわかっているので、それも安心のひとつ。
ということで早速湯船に向かいます。
  お湯(源泉)の名称;「熱海23号泉・安保湯」−熱海市上宿町446-2
  泉質;ナトリウム・カルシウム−塩化物温泉(等張性・弱アルカリ性・高温泉)pH8.0
  泉温;94.7℃(さすが熱海!)
まずは入ってすぐの大きな湯船でのんびりと浸ります。まだ午前の日差しが実に嬉しい(笑)。

そして奥の半露天風呂へ。日差しが結構強いですね、温泉に入りながらでも日差しの暖かさというか、どちらかというと暑さを感じるくらいです。しかし、こんなことができるのは極上の幸せではないかなと思う次第。


しばし、ぼ〜っとしています。


うとうとする間に逆上せてきました。
危ない危ない…

お湯から上がり、少しカランの横でのんびりした後、再び大風呂に浸って完了。

大満足。

そして休憩室へ。

縁側付近の陽だまりはちょっと暑そうなくらいだったので、少し引いたところに座布団を持ってきて…



ごろりん。

そのまま畳みに体が吸い込まれているような、そんな夢心地…。

(消失)

スポンサーサイト

| - | 12:38 | - | - |

Comment

Submit Comment