<< 東伏見「大吉家」(8) | main | 東伏見「べっしゃん」(40) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

西武柳沢「奥信濃」(8)

昨日はご家族がお世話になったので、その御礼を兼ねて、夕食は居酒屋「奥信濃」へ。

お通しは「きびなごの甘酢あん」。この味わいの良さが格別です。日本酒にも合うなぁ。

ということで、大塚屋酒店さんからの新入荷の「天穏」をいただきます。

「天穏」攻め純米 瓶火入れ
平成18酒造年度醸造
仕込第17・18・20・21号
上槽押し切り酒

 原料米/佐香錦・改良雄町
 精米歩合/45〜55% アルコール分16.5%
 日本酒度+8 酸度1.7 アミノ酸1.3
 使用酵母/島根K-1 杜氏/長崎芳久
 製造年月19.9.
 板倉酒造有限会社
 (島根県出雲市塩冶町)

上槽押し切り酒とは、最後に搾り切るお酒かなと。仕込み号数が複数なのは、複数のタンクのものをブレンドしているということだと思われます。精米歩合もいろいろなものが含まれているということでしょうね。45%は大吟醸、55%は特別純米あたりでしょうか。過去に呑んだ酒の仕込み号数と併せてみるのも面白いかな(笑)。ブレンドしてバランスをとるのも杜氏さんの腕のひとつなのだと思います。味わいの良さが光ります。旨い!

「鶏鍋」
ご家族でいただくゆえ、饂飩も入れていただき、たらふくいただけました。感謝です。

「お土産ウインナーのボイル」

お土産を早速出していただきました。ボイルだけでも肉の旨味が出ています。さすが牧場製造ものだけのことはあります。

仕上げに「墨廼江」ひやおろしを一杯いただきました。
ご馳走様でした。

スポンサーサイト

| - | 19:48 | - | - |

Comment

Submit Comment