<< 「Denny's」保谷柳沢店 | main | 大井埠頭海浜公園はぜつき磯「ハゼ釣り」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

東伏見「べっしゃん」(3)


今日は仕事が遅くなったので、家人との夕食も兼ねて「べっしゃん」へ。そんなわけでカウンターではなく座敷で。いつもはカウンターなので存在がほとんどわからない、新築の焼酎棚も風景の中に良い感じで収まっているな〜と実感。



ここのところ最初の1杯はどこでもビールになりつつあり、「べっしゃん」でも例外ではなく、アサヒスーパードライ(だったですよね)をいただく。ちゃんとグラスに注いでいただくので、泡にも安定感があり、のみ心地が良い。先日、こちらの座敷側で宴会があった際に、次々とビールを注がれている様子をカウンターで見ていたが、全員のビールが揃って乾杯となったとき、ビールの泡の状態が全体で揃うように、絶妙な配慮がなされていたように見えた。そういう細やかな気遣いのない店が増えている中、他人事とはいえ、何か嬉しい気持ちになってしまいますね♪



お通しは、先日の「パレット」で初めていただいた「煮ダコ」(聞き間違えて「オニダコ」っていうタコだと思っていました…笑)。あの後、ずっと尾を引いていたので、お通しで出たので、やったぁ〜という感じ。・・・で日本酒へ♪



「萩の鶴」純米吟醸
 原料米/美山錦 精米歩合50%
 仕込水/霊堂沢自然水
 使用酵母/宮城酵母
 アルコール分16度以上17度未満
 日本酒度+5 酸度1.7
 上槽年月/平成18年2月
 製造年月/平成18年11月
 萩野酒造株式会社
 (宮城県栗原市金成有壁新町)
最近、山陰のお酒か秋鹿、という状況だったので、ある意味、ほっとする味わい。




肴は「北海道産・新秋刀魚薄造り」をいただく。「べっしゃんブログ」に、新秋刀魚は刺身ではなく薄造りで良さが出る、と書かれていたので、これは是非確かめてみようと思ったが、しっかり家人らに全部食べられてしまった。彼らの感想は「美味しい」。…それじゃわからん、ということで、次の機会に自分で確かめよう(涙)。


この後、いつもの方との合流で、呑みと話が加速していき・・・気がついたら、満員だった店も、ほぼ我々だけだったような・・・(記憶曖昧)。日本酒も「月の輪」を呑んで、ラベル写真は撮影し、確か「純米酒らいし味の純米酒」だった記憶もあるのだがはっきりと想い出せず…。

ということで、次回に全て確認を。

スポンサーサイト

| - | 23:50 | - | - |

Comment

Submit Comment