<< 東伏見「べっしゃん」(3) | main | 大門「周之家」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

大井埠頭海浜公園はぜつき磯「ハゼ釣り」

今日は食の原点、漁師の方のお宅に訪問です…というわけではなく、夕食のおかず(正しくは晩酌の肴)を求めて、一家総出で漁に行くことになりました。(ということでカテゴリーは「食食食」⇒「飲食呑喰」⇒「食の原点」)

正確に言えば、我が家のお子様方が「つりをしてみたい」と言い出したのがきっかけで、それに耳を傾けていただいたいつもの方のご紹介で、つり名人にご指南いただき、お子様も含めて、関係者一同、みんなで楽しもうという企画です。

実はこの釣企画、今回が第二回目。前回は川崎からつり船で東京湾に出て、シロギスに挑戦したのですが、あいにくの天候のため、ほぼ全員がダウン。釣れるには釣れたのですが、まぁ、相当な状態で…「楽しもう」というのはほど遠い世界。ということで、今度は地震以外では揺れない陸からのつりを名人に企画していただいた次第です。

ということで、場所は大井埠頭海浜公園内の「はせつき磯」。上げ潮が狙い目だそうで、名人は6:00には現地には向かわれるということでしたので、我々も始発電車でGO! ひたすら東京モノレール「貿易センター」駅を目指したわけです。


この「はぜつき磯」は有名スポットらしく、多くの方がつりを楽しんでおられました。今日は天候も良く、また場所自体も運河ですので、波などは基本的にないので、のどかな雰囲気です。

唯一、船(つり船やレジャー船)などが通る度に、波が磯に押し寄せてきますので、濡れたくない方は注意が必要です。意外にも透明度は高く、多少のどぶ臭はするものの、結構、みなさん気分良く足を浸けてつりをされておりました。


現地に到着すると、すでに名人は60匹/時ペースで釣られておるとのこと。こりゃ凄い。
さらに名人は、我々の竿・仕掛け・餌など、全てを用意されており、我々は到着したらすぐにつりモードに入れるという、なんともありがたい「接待つり」状態(って言うか?)。誠にありがたいことです。
さて、つりが始まると、つれる人・つれない人など、何故か状況はいろいろなのですが、互いにその原因を探り合ったり、ところによっては罵り合ったり(笑)。そのやりとりの合間を縫って、名人が丁寧に声をかけ、ご指南いただくうち、皆、相応に釣り果が出てくるところが素晴らしい。

中には、このようにして酒浸る人もいたりしますが…(あ、写っている二人じゃなくて、カップを持っている人ですよ、はい)。

最後に名人直伝でハゼの捌き方を教えていただきました。これで万全の体制で夕食に向かうことができました。

さて、収穫は、名人が早朝から釣られた60匹余りに加えて、我々総動員で釣った50匹足らずの計100余匹。ただ、これを全て捌くのは結構大変かなと、次第に思い始め、少し鬱が入りましたが、帰宅後めげずに大人二人で奮闘!奮闘! 一応、夜までには全部、背開きにできました。いやぁがんばったかな。

…とこうなると、やっぱり酒もちゃんと用意して、ということで、大塚屋酒店にダッシュして、しっかりとした味わいの酒を購入。

「秋鹿」山廃 特別純米
無濾過原酒

 原料米/自営田産雄町100%
 精米歩合70%
 使用酵母/七号 もろみ日数24
 日本酒度+4 酸度2.2 アミノ酸度1.6
 2006年1月上槽(出荷2006年11月)
 秋鹿酒造有限会社
 (大阪府豊能郡能勢町倉垣)


はぜの天麩羅なので、味のしっかりした酒が良いのではないかとの判断で購入しましたが、よく見ると、あの「秋鹿」の山廃というだけでなく、精米歩合が70%だったり、06年1月上槽のものを11月に出荷している=冷やおろしだったり、それをさらに半年近く大塚屋さんの冷蔵庫に寝かしてある、ということで、これは結構深い味わいが来るかな〜っと思ったら、相当来た(笑)。凄い味。「にがさ」を感じるほどでした。

ということで、はぜに衣をつけて揚げます揚げます。捌いた3/4程度=80匹ほどを、次々と揚げて、抹茶塩(広島の藻塩使用)でいただく。これはもう格別ですなぁ♪



揚げたはぜですが、尾鰭にはしっかりとはぜらしい模様が残っている♪


そんなこんなを堪能しながら、いただく一杯の嬉しさ(一杯じゃなくて2合程度は呑みましたね、はい)。ついでに椎茸・蓮根も揚げて、絶妙の豆腐(冷や奴)もいただきました。

いやぁもう大満足ですね、はい。

ということで、今回もみなさんにいろいろお世話になりました。特に名人には、事前にいろいろとご準備いただいたり、ご指南いただき、感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございました。

スポンサーサイト

| - | 20:10 | - | - |

Comment

初コメントありがとうございました。
コメントが入ったことの確認方法がわからず、
偶然見つけたという状況で、不手際ご容赦下さい。
二人で作業は気持ちが紛れまが、
一人で50匹だったら、地獄でしょう(笑)。
ちなみに、捌いたアタマ+内臓を入れていた袋は、
ガス発生でパンパンに膨らんだそうです。
破裂したら恐ろしいことになり、
作業宅は当面ハゼ腐臭が抜けないということにも。
無事始末されたと昨日うかがいましたので、ほっ…。

お写真、事務所も通さず、失礼いたしました。
また、お子様とのツーショットでご容赦下さい。
別途、正面写真はお送りいたします。

| あめふらしaplysia | 2007/08/10 9:38 AM |

お写真、ありがとうございました。
これで自分もメジャーデビューですねw

15匹さばくのでもかなり面倒だったのに、お2人とはいえ100匹も!
すごい…

| けんぴ | 2007/08/08 10:43 PM |

Submit Comment