<< 東伏見「べっしゃん」(4) | main | 下井草「川俣」(2) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

井荻「みわ」

今日は一日静かにしていたので(笑)、過去の訪問を紹介。


6月上旬のことですが、蕎麦好きな(かなりマニアな)職場の同僚とご一献ということで訪れたのが、井荻駅北口からすぐの蕎麦「みわ」。
雑誌「自然人」の蕎麦特集で紹介されていて、かつ通勤経路上でしたので、いつか行こうと狙っておりました♪



最近できた店なので、新しいのは当然なのですが、古風な店構えの蕎麦屋さんが多い中、結構、モダンな雰囲気でした。


定番メニューの他にある「本日のおすすめ」は次の通り。
・わらびのおひたし(雪国特産!) 400円
・穴子の天プラ 500円
・会津地鶏の焼き鳥(塩orタレ) 600円
・小柱と小海老のかき揚げ 600円
・合鴨の治部煮 1,300円
・合鴨の塩焼 1,300円
・自家製 生湯葉刺身 500円
・自家製 さしみこんにゃく 400円
・リーズナブルな純米酒 月の輪 600円
・自家製 わらびもち 400円
・新しいスウィーツ ダッタンそば茶ジュレ 300円

と、この中から、まずは「わらびのおひたし」。


次に「自家製 さしみこんにゃく」。


そして「生湯葉刺身」。



最後の肴は、「小柱と小海老のかき揚げ」。


で、〆は「せいろ」。

この蕎麦が、甘さというか独特な風味をもっていて、同僚の蕎麦通の方をノックアウトしたようです。私は蕎麦は言われて見て香りなどは理解できますが、比較する基準がないので、ふむふむと話を聞いているだけですが、確かに汁をつけなくても十分に味わえます。お店の方にお聞きしたところ、茨城県産常陸秋そばを使用しているとのこと。ちなみにこちらのお店の蕎麦は、「自家製粉・生粉打ち(十割)」とのことです。〜む、まだよくわからんけど、一応、記載。

話としては最後になってしまいましたが、最初にお通しが来て、まずは戎麦酒の後、日本酒を3種類ほどいただきました。



日本酒はこのような容器に入ってきますので、ラベル撮影はなしですが、おすすめの「月の輪」「秋鹿」、そして「亀治好日」(鯉川)など、いずれも米の風味がしっかりとある純米酒が基本になっています。日本酒の品揃えにも蕎麦屋としてのこだわりがあると感じられました。


是非とも立ち寄りたい蕎麦屋が、またひとつ増えましたね、はい。

スポンサーサイト

| - | 22:08 | - | - |

Comment

Submit Comment