<< 柳沢「立山」(11) | main | 新宿・思い出横丁「つるかめ食堂」(2) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

恵比寿「丸山酒店」

駒沢陸上競技場で素敵なサッカーを堪能した後、恵比寿経由で帰宅を目論み、できれば恵比寿で祝杯をと考え、いつもの裏路地に入る。しかし、恵比寿は赤羽以上に三が日はまだお休みのようだった。

最後の頼みの綱は、交差点に斜めに入る狭い路地にある「丸山酒店」。ここは前にふと通りかかった際に発見した、立呑みできる酒屋さん。


賀正の張り紙には、「3日から営業します」と書いてあるけど、しっかり閉まっている(笑)。

いやぁ〜、残念無念。

あいにくのシャッター閉鎖状態だが、この店幅に冷蔵庫がどかっと入っており、人がやっと通れる広さしかない。だが、その冷蔵庫には、1杯200円などの文字がラベルに書き込まれた酒瓶が並び、酒瓶(というか冷蔵庫)を眺めながら酒が呑める。

おまけに丸山さんの揃えた日本酒は秀逸だ。
前にご紹介いただいたのが、2000円以下クラスでは最高峰との評価、麻原酒造「すてきなさ々波」。(麻原酒造の「すてきな」シリーズは、ゆず酒やシークワーサー酒などの果実酒に使われていたが、これの日本酒版的に登場したのが「すてきなさ々波」)これは確かに美味かった。麻原酒造とはつながりが深いようで、良いものが取り揃えられていたのが印象的だった。

ということで、
今日は立ち去るしかない…

が、ふと見ると、
店の前においてあるスーパーカブ。



日本酒ラベルの嵐(笑)。

新年早々、良いものを見ました♪

今度、また来ますね。

スポンサーサイト

| - | 17:15 | - | - |

Comment

Submit Comment