<< 恵比寿「丸山酒店」 | main | 新宿南口「信州屋」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

新宿・思い出横丁「つるかめ食堂」(2)

恵比寿でフラれてしまったら、やっぱりそこは「思い出横丁」でしょう(笑)、ということで、今日も結局は新宿へ。どうせ西武新宿線に乗り換えるのだからね。

ということで、新宿駅東口へ出て、そこから久しぶりにガードトンネルを潜って西側へ。この通路もいつまでこの風情を保てるかな・・・。新宿に残っている数少ない昔の風景のような気がします。

さて、思い出横丁入口は「謹賀新年」で煌びやかに飾られていました。最近、あちこちの「横丁」人気もあり、追い風の中、以前よりも各店に活気があるように感じられますが、それは気のせいでしょうか。

そして今日も結局は「つるかめ食堂」。前回訪問時よりも遅い時間帯で、正直他の店のカウンターはほとんど埋まってしまっており、2階席へという指定のところが多かった。そんなことで経験値のある店へ入ることが大事かと。それに気になる「元気丼」も食べたかったし(笑)。

まずは、当然の「奥の松」燗酒をいただきながらの最初の一品は「大根煮」。
前回食べたかったけど、厚揚げ煮をいただいちゃったので、次回にと見送った一品でしたので。


「わかさぎ天ぷら」。
ここの天ぷらは、衣にはパリパリ感があり、中身はホクホクなのがうれしいですね。


「冷奴」。
価格の割には大きい。コストパーフォーマンスの高い一品かと。


「春菊の天ぷら」
本当は「明日葉の天ぷら」をいただこうと思っていたのですが、明日葉切れということで春菊。あと「ゴーヤの天ぷら」もあります。次回はそれかな♪

ここまでで「奥の松」は燗で2杯いただきました。今日はこの辺でお酒はおしまいにして、本日最大の目標で〆(笑)。

「元気丼」。牛スジ煮とハムマリネがトッピングされたもの。味の組み合わせが粋です。気に入りました♪

以上、お会計は2,000円でお釣が来ます。素晴らしい。

今日は燗作製マシンが見える位置でしたので、最後に「奥の松」の倒立もご紹介しておきましょう。

「奥の松」本醸造
金紋辛口酒

 アルコール分15度
 精米歩合70%
 製造年月07.12.
 奥の松酒造株式会社
 (福島県二本松市長命)

日本酒の回転も良いようで、新しい入荷酒ですね。安心できます♪

また来ましょう。

スポンサーサイト

| - | 18:38 | - | - |

Comment

Submit Comment