<< 東池袋「Times SPA ”RESTA”」 | main | 東伏見「べっしゃん」(5) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

田無「風味堂」

らあめんの区分って難しいのですが、ここは「東京福生らあめん」と看板に書かれている。福生の「一番」という店の系列店とのこと。今日で4回目。結構、ここの出汁の風味は好みなので、近所に行くとついつい立ち寄ってしまうのであった。

今日は、つけ麺を注文。カウンター内のオニイサンに「大盛りにしますか」と問われたが、替玉もありそうだったので、お断りした。これが後で面白い結果に。汁は結構味が濃いので、太い麺がどんどん食べれてしまう。うずら卵が2個隠れている汁だが、他にもいろいろ入っている。


不思議な味のコンビネーションを堪能できる。

で、やっぱり替玉を頼む。…と、何と細めんの温かいものだけ、ということだった。注文するが、さすがにつけ麺的に食すのは難しい。麺同士がひっついてしまうのだ。



そこで、麺を丸ごと汁に入れてしまった。そこでほぐしていただく。これは結構イケマス。

ということで、がっつりと食べてしまった。満腹。


食事後、一息つくことを兼ねて、こちらに常備してある「あしたのジョー」3巻と4巻を読む。力石との少年院での初試合、青山のこんにゃく戦法、そして丹下ボクシングジムが泪橋の下にできるあたりまでの話。ついつい読みふけってしまった。全巻揃っていて、前回は最終巻、ホセ・メンドーサとの壮絶なる試合の様子を思い切り読みふけってしまった。らあめんも魅力なのは言うまでもないのだが、どうも「あしたのジョー」に惹かれているのもまた事実のようで(笑)。次回はカーロス・リベラとの戦いあたりを是非♪

…としていると、某所からメールが入る。どうやら新しい日本酒が入荷されたようだ♪

スポンサーサイト

| - | 20:21 | - | - |

Comment

Submit Comment