<< 田無「がぜん」(3) | main | 下井草「ドトール」(2) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

おでんに熱燗

今月号のdanchuの企画が「おでんと日本酒」だったようだが、それはさておき、自宅で「おでん」を作る。…といっても、出汁もタネも出来合いのもの。鍋に熱湯を準備し、投入するだけ。実に安直な企画である。

せめてもの慰めに、燗酒は相応のものをと、田無の某酒屋さんの冷蔵庫にぽつんと1本取り残されていた(?)この酒を、いただきものの燗付器で。

「益荒男」熟成 山廃吟醸
 杜氏/農口尚彦
 「白水の井戸」名水仕込み
 アルコール分16.0度以上17.0度未満
 製造年月18.6.
 鹿野酒造合資会社
 (石川県加賀市八日市町)

ん? 製造年月が平成18年6月である。ということは、「熟成」と称するだけに、平成17BY以前のものということになるか。

燗にして猪口に入れて色を見る。確かに黄色っぽい熟成した色合いのような(左)。

しかし、ちょっと味のバランスが悪い。熟成酒のまろやかさなどとはちょっと違う風情・・・う〜ん。あの農口さんの酒なのだが・・・。
ま、そうは言いながらも2合半ほどをおでんとともにいただいてしまった。おでんに燗酒はやっぱりぐいぐいと行けてしまうのですね、はい。

しかし、ついさっきまで外でらあめん&半ライスを食べていたような…(大汗)。

スポンサーサイト

| - | 20:13 | - | - |

Comment

Submit Comment