<< 武蔵境「丸幸」 | main | 田無「風味堂」(2) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

東伏見「べっしゃん」(6)


現在のところ、このWeblogを始めてからのリピート度第1位の居酒屋「べっしゃん」。って、別にこのWeblogを始める前も、ここ1年ほどはずっと第1位でしょう。


ご近所にこういう店があることを、本当にありがたいなと思うわけです。ふと、最近の状況をふり返ると、日本酒を買って家で呑むことが激減しました。正直、旨い日本酒を呑むだけだったら、近所の酒屋さん(宮田酒店、酒のなかがわ、大塚屋酒店、等々)に優れたお店がありますので、そこで好きな酒を選んで呑む方が、安いは安い。でも、それってやっぱり何かが足りない。

そう、肴。

日本酒は呑むだけのものじゃなくて、やっぱり肴(料理)と一緒になって、より活きてくるなと最近思うわけです。そうなってくると、自分で肴を作るのは、技術・労力・時間の3点で相当厳しい。やはり、和食の専門家により良いものを作っていただき、丁寧に醸された日本酒と一緒にいただくのが、極みだと思うわけです。

また、呑むこと、食すこと、いずれも人と人の営みゆえ、人から醸し出されるものも大事。日本酒、肴、そして人。この3つの要素が揃う店を大切にしたいですよね。

ということで、「べっしゃん」。

======

思い切り凹んだ試合の後、気持ちの建て直しを図れるのは、ここしかない! …ということで、いつもの方と全力自転車漕ぎで参上いたしました。
いつもならこの猛暑、間違いなくビールなのですが、今日は「丸幸」そして「味スタ」で結構飲んじゃいましたのでナシ。「あおば」以降、特に何かを食べたということもないので、ふと気がつけば、結構お腹が空いていた。

ということで、最初にいきなり「温玉のせキムチご飯」をいただきました。
その後、冷たいお水をいただき、さてようやく日本酒モード。

「賀茂金秀」辛口夏純
純米生詰

 原料米/八反錦 精米歩合60%
 アルコール分15度以上16度未満
 金光酒造合資会社
 (広島県東広島市黒瀬町乃美尾)



まずは「お通し」でいただきました。



そして、次は8月いっぱいで終了、という「岩牡蠣」。
山形産です。海のミルクといえるコクと味わい。でも嫌味がなく、爽やか。
ということで、夏らしい「賀茂金秀」とのハーモニー、そしてさらに次の1杯と一緒に堪能いたしました。



「阿部勘」特別純米
 原料米/宮城県産「まなむすめ」
 精米歩合50% 10号系酵母使用
 杜氏/平塚敏明(南部杜氏)
 アルコール分15度以上16度未満
 阿部勘酒造店 阿部勘九郎 謹醸
 (宮城県塩竃市西町)

そういえば広島と宮城。牡蠣の名産地ですね♪
ということで、次はこの牡蠣の産地でもある山形の酒。(まぁ、山形といっても広いですので、簡単じゃないですけどね)

「上喜元」純米
 原料米/出羽の里(山形酒86号)100%使用
 精米歩合80%
 アルコール分17度以上18度未満
 酒田酒造株式会社
 (山形県酒田市日吉町)

 この精米歩合80%に含まれる味わいを見事なバランスで表現したお酒だなと、いつ呑んでも思います。本当に旨い!

ということで、本日も充実した話題で満ち足りたひと時が終わろうとしています。
最後は、新潟は佐渡のお酒で、

「真野鶴」純米中取り
 無濾過生原酒

 アルコール度数18度
 精米歩合65%
 尾畑酒造株式会社
 (新潟県佐渡市真野新町)



お腹も程よいので、茗荷浅漬けと海苔をいただきながら、味わう。


いろいろあったけど、充実した一日。「べっしゃん」、今日もありがとうございました。

…で、あっという間に深夜1:00過ぎ。

流石に今日の「虎の湯 岩風呂」はナシだな…残念。

スポンサーサイト

| - | 01:20 | - | - |

Comment

Submit Comment