<< 東伊豆・伊東温泉「恵比寿あらいの湯」 | main | 東伊豆・伊東温泉「小川布袋の湯」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

東伊豆・伊東「うなきん」

宿泊先の大東館は夕食なし(朝食は無料サービス)なので、夕食は外で好きなものを食べる。伊東は食事処も多数あるので、これの宿泊スタイルは結構気に入っています。

ということで、今回は伊東駅に近い湯の花通りにある、いで湯蒸しうなぎと地魚料理「うなきん」へ。系列店(というか裏手繋がり)の居酒屋「きんごろう」は、以前訪れたことがあり(デジカメを忘れたので未記録)、肴類の良さは体感済み。

まずはお酒から。杜氏鑑、浦霞、池、富士錦というラインナップは「きんごろう」と同様。前に伺ったときは浦霞以外は全部いただいたが、杜氏鑑は白鶴の特選銘柄というようなもの(大関の辛丹波のようなものか・笑)なので、今回はパス。


ということで、まずは「池」をいただく。これは伊豆高原の「池」地区の方々(栽培農家or土地所有者?)の名前が記されたラベルの酒で、そこで採れた酒米を富士錦酒造が醸したもの。まさに地酒。


で、肴は本日のおすすめボードを見て。


今日は「まんぼう」が入っているようでしたので、お刺身をいただきます。肝が載っているのが嬉しいですね〜♪ 水っぽさはありますが、味がしっかり載っていて、今まで食べた「まんぼう刺身」の中では一番美味しいですね。


と、定食をとる方もいますが、その刺身三点盛もいただいちゃいます♪


定食など用のお漬物を盛り合わせでいただきました。これでまた呑めちゃいます。

ということで、十分に「池」をいただきましたので、今日はもう良いかなと、食事に走る。

まずは「うなきん」ならではの「特上うな丼(うなぎ二層)」を。たれも良いですね。

そしてトドメは、「ねごめし」(漁師めし)。鰺・鮪や烏賊などが葱・大葉と共に載っている海鮮丼様。しかし、これを半分いただいたら、添付の味噌をだし汁に溶いて、丼にぶっかけてしまう、というのが通のいただき方。ちなみに味噌もだし汁も美味いのですね♪ これはきんごろうに伺ったときにもいただき、今回も是非、ということで、しっかり堪能いたしました。

…ということで充実の夕食。
温泉宿の決まりきった宴料理よりも、地域性を感じられ、そして何よりも暖かくて美味しい♪ 伊東は当分、これが定番になりそうです。

スポンサーサイト

| - | 19:26 | - | - |

Comment

Submit Comment