<< 西武柳沢「ひびき」 | main | 下井草「吉野家」(24) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

東伏見「べっしゃん」(84)

のんびりの朝食のんびりの昼食、そして、遅すぎた晩酌、ということでしたが、最後の日本酒の〆がちょっとヌルかったので、時間がぎりぎりでしたが、やっぱり居酒家「べっしゃん」へ。ということで、今日も、馴染みの店で始まり、馴染みの店で終わるということになったかな(笑)。

さて、今日も金魚君たちが、カウンター上にてお迎えしてくれます。

ということで、早速の日本酒。

「綾花」瓶囲い
特別純米

 原料米/山田錦(大木町)
 精米歩合60%
 アルコール分15度以上16度未満
 酒造年度18BY
 日本酒度+3.5 酸度1.4
 製造年月20.3.
 旭菊酒造株式会社 謹醸
 (福岡県久留米市三潴町壱町原)

「旭菊」となれば、”純米を燗で”という上原先生のお言葉の通り、お通しの「大蒜入り煮込み」と共に、燗でいただきまする。

ああ、極上のひとときですなぁ〜♪

ということで、金魚君たちの脇に掲げられていた「焼き蚕豆」もいただきます。

豆たちの表情を楽しみながら、今宵も〆となります。

のんびり始まった一日でしたが、振り返れば、あちこちに出向き、結構忙しかったかな。でもこうやって(最後に)落ち着ける場所があることは、ありがたいことだと思います。

スポンサーサイト

| - | 23:59 | - | - |

Comment

Submit Comment