<< 品川駅11番・12番ホーム「常盤軒」 | main | 品川駅港南口「一こく」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

品川駅港南口「おでん屋台」


夜の懇親会のあと、2次会。さらにその後、らあめん屋を探すが、その前にもう少し・・・ということで、懇親会会場向かう前に目をつけていた「おでん屋台」へ。



赤提灯だけでなく、暖簾がしっかりとかかっていて「清酒 夢路」の文字が、初めての銘柄だけに気を引く。



メニューを見ながら注文しようとすると、時間も時間だけに「ここにあるだけだからね〜」と親父さん。



ということでおでん鍋を見ながら「これ、これ、これ・・・」と指さし注文。



玉子
魚すじ
大根
ふくろ〔野菜〕
餅きんちゃく
つぶ貝
をいただく。



そして酒は一杯300円。



清酒「夢路」
 聖徳銘醸株式会社
 (群馬県甘楽郡甘楽町大字白倉)

かなり甘口の酒だけど、
何故かこの雰囲気とおでんには合う(気がする・笑)。

酒の写真を撮っていると、隣席の女性に声をかけられ、しばしの日本酒談義。この方は結構こちらには通っているのか、この酒については詳しそう。甘い、というのは共通認識。しかし親父さんはこれ一銘柄で勝負の暖簾付だと推測。

また機会があれば是非立ち寄りたい気骨の「おでん屋台」かと。

〔付記〕聖徳銘醸造について調べてみたが、この蔵で「夢路」という銘柄で出している酒はなさそう。群馬県酒造協同組合のサイトに登録されている銘柄リストを見ても、「鳳凰聖徳」「城下町小幡」「妙義」と並び、普通酒は別撰「聖徳」である。ということになると、「夢路」はおでん屋の屋号であり、屋号銘柄として特別に出してもらっているのか? 気になるところです。次回伺った際に確認したいと思います。

スポンサーサイト

| - | 23:41 | - | - |

Comment

Submit Comment