<< 清瀬「魚久」 | main | 東伏見「べっしゃん」(109) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

三鷹南口「きびや」

午前中の清瀬に続いて、午後の三鷹の作業も無事終了。

ということで、ちょっと一息と思って、三鷹駅南口の中央通りを疾走していたら、目の前(正確に言えば、右斜め前)に蕎麦「きびや」が目に入ってきました。まだ暖簾が出ています、ということで、迷わず入店。


まだランチもやっていましたので、ランチセットは後に頼むとして、「きびや」さんならまずはやっぱり日本酒でしょう。もうこの後無理に疾走する必要もありませんので…と自分を納得させて、日本酒メニューを眺めます。ウワサの通り、素晴らしい日本酒のラインナップです。…で、最近呑んでいない「乾坤一」をいただくことに。


「乾坤一」特別純米辛口
(宮城県・村田市)
スッキリした辛口酒。爽快な口当たり&喉越しで飲むほどに、この酒の美味しさを感じ取れます。辛口酒ですが、しっかりと米の風味も健在です!
辛口度は5種類中1番目 季節で生酒になります。(冷酒&常温に向きます)
とのことです。

昼に蕎麦屋で日本酒をいただく。私の中では、世界で一番の贅沢だと思っております。
で、肴はやっぱり「蕎麦味噌焼」。

店によって味わいが違いますね。「きびや」さんのは少し甘めかなという印象。「乾坤一」との組み合わせの影響もあるかもしれませんね。
そして、ランチの蕎麦ととろろ飯のセット。

蕎麦も美味しいですが、このとろろ飯も優れものです。感激。

すでにお店はランチタイムを過ぎていたようで、お客さんは私だけでしたが、最後まで丁寧に応対していただきました。ご馳走様でした。

なかなかこういうお店とのタイミングって、合わないことが多いのですが、今回は実にドンピシャで、嬉しいひと時でした。また、機会があれば是非昼の蕎麦屋で日本酒を♪

スポンサーサイト

| - | 15:18 | - | - |

Comment

Submit Comment