<< 東伏見「べっしゃん」(13) | main | 東伏見「べっしゃん」(14) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

東伏見「大吉家」

日曜日に飲食場所が限定されてしまうのは、住宅街を背景とした町の宿命か…。ということで、作業中の夜、衝動的ならあめんへの欲求を満たすべく彷徨う。

ということで、たどり着いた(何と大袈裟な…笑)「横浜らあめん・大吉家」。

ここは前、「室蘭らあめん」なる店があった。やっているかどうかわからない店だったが、そのうちに貸店舗になっていた。やっぱりなぁと思っていたが、その後、別のらあめん屋さんが入り、さらにその後に入ったのが現在の「大吉家」だそうな(ネット情報)。
「大吉家」というのは、横浜・家系では有名だそうで、練馬に店があり、この東伏見店はその支店ということだそうです。(同じくネット情報)

ちょっとここのところスルーしがちだった店に心が動いたのは、単に他の店がどうこうではない。惹くべきものがあったのだった(後述)。

ということで、この店で私自身が一番注文回数が多いと思われる「晩酌セット」。これは餃子とらあめん(小)に、ビールまたは発泡酒で2段階に区分されている。

ただ、最近はビールの大小の差になっているような感じで、今回も発泡酒レベル(要するに安い方)の食券を購入したのだが、出てくるのはちゃんとスーパードライ(但し、リターナブル瓶)。



今日は渋めの親父さんもいる。このヒトが噂の人なのかもしれないが、「これどうぞ」と柴漬けを添えていただいた。これは嬉しい。

さて、毎回気になる晩酌セットの内容、じゃなくて、出る順番なのだが、個人的には、ビール、お通し的なもの、餃子、らあめん(小)で出てほしい。できれば餃子とビールが終了した頃にらあめんが出てくれると、申し分ない感激があるのだが、ここは絶妙にタイミングを外してくれるのが寂しいところ。基本的に餃子の前にらあめんが来るのである。今日は親父さんがいるので密かに期待しているのだが…。

けど結果的には、やっぱりらあめんが先(笑)。


ということで、ビールを半ばに残しつつ、ひとまずらあめんをすする。前に比べてらあめんはしっかりしている。ロース系チャーシュー、ホウレンソウ、海苔、葱に、いくぶんどろんとしたスープ。バランスは悪くない。

と、らあめんをすする最中に餃子登場。…けど、らあめんは伸びちゃうのは避けたいので、餃子と飲みかけビールには待つように指示。…あ、柴漬けもね。

で、ひとまずらあめんは食べ切って、餃子&ビールのハーモニー。餃子は皮の焼きが浅い感じで、ふわっとしている食感を堪能する。

さて、この晩酌セットのらあめんは(小)だけにもう少し食べたい…というところで、前は頼んでいたものがメニューから消えていたのが、大吉家から足を遠のかせていた理由だったのだが、何とこのメニューが復活!それもリニューアルした内容。












チャーシュー丼♪







前はチャーシューの細かく千切られていたものが載っていたのだが、しっかりとらあめんに載っているものと同様のものが5枚ほど。これは嬉しい悲鳴。ご飯の量は相変わらず少ないのは、サブメニュー的存在だから当然として、チャーシューが立派になったのには正直、メニューの復活以上に涙が出た。

来て良かった…(相当大袈裟。まぁ、日曜日で胃袋が枯渇していたということで)

丼モノのスープ代わりに、残ったらあめんのスープを啜るのが恒例だが、さすが「横浜」。スープの表面にしっかり脂膜が形成されている。どろん系の美しさ。

ご馳走様です、はい。

スポンサーサイト

| - | 23:40 | - | - |

Comment

Submit Comment