<< 新宿東口「石の家」(3) | main | 「Denny's」保谷柳沢店(32) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

東伏見「べっしゃん」(115)

新宿仕事を終えて、戻るのは柳沢。不燃ごみ等の始末は夜の作業になる。ひと作業を終えて、一服ではなくて一杯。ということで、居酒家「べっしゃん」に伺う。

まずは日本酒リスト(酒『べ』厳選地酒)と
にらめっこ。
〆張鶴、鷹勇、前、酒和地、独楽蔵、田中農場、月の輪、旭若松、山吹極、帰山、九朗右衛門、奥播磨、阿部勘、黒牛、鳳凰美田、風の森、神亀、秋鹿というラインナップは、やはり感激を呼ぶと共に、選定に苦慮するのであった(笑)。

で、今日の一杯目は話題になっていた「田中農場」。「諏訪泉」のお酒である。

「諏訪泉 田中農場」
特別選別米 精米七割 2005

 原料米/田中農場産 山田錦
     特別選別米100%
 酒米栽培/(有)田中農場・田中正保
 精米歩合70%
 アルコール16%以上17%未満
 日本酒度+1.5 酸度2.0 アミノ酸度1.9
 製造年月2008.04
 諏訪酒造株式会社
 (鳥取県八頭郡智頭町智頭)

諏訪泉、精米七割、2005醸造年度とくれば、やっぱり燗が良さそうですね。

味わいのバランスとまとまりの良さが見事です。感動。

お通しの「鶏キムチ和え(仮称)」を
少しずついただきます。

そして肴は「京都万願寺 ししとう焼」。

味噌でいただきます。今日は480円→300円の大特価なので、お得感あり。

そして肴のメインは「新さんま塩焼」。

            
                    
今季初の秋刀魚なので、丁寧に(笑)いただきます。美味いですね〜♪

ということで、秋刀魚の美味しさに痺れながら、二杯目をいただきます。

「奥播磨」夏の芳醇超辛
純米吟醸 19BY

 精米歩合55%
 アルコール分17.0度以上18.0度未満
 製造年月20.07
 下村酒造場 五代目店主 下村顕太郎
 (兵庫県姫路市安富町安志)

最近、「夏の…」と銘打つ酒が増えてきた印象。ま、確かに夏向けのすっきり感を持たせつつも、味のしっかりした芳醇というのが狙いなのでしょう。まさにそういう味わいで、好きなタイプでもあります。

肴は「みそ小胡瓜」。

小胡瓜の歯ごたえも素晴らしいのですが、味噌がまた格別ですね。これは嵌ります。

ということで、一杯が二杯になっちゃいましたが、ここで〆て、残りの作業に励みましょう。よし、意欲が湧いてきた! ご馳走様でした。

スポンサーサイト

| - | 22:33 | - | - |

Comment

Submit Comment