<< 上鷺宮「なか星」(14) | main | 富士見台「川名」(2) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

下井草「淡菜房 TANSAIBO」(6)

職場の面々で打ち合わせに一番使うのは、下井草駅南口から上石神井方向に徒歩1分ちょっとの、くいもの屋「淡菜房」ですね。今回でブログ上は6回目ですが、実際にはこの2〜3倍は行っているのです。というのも、ここは人数がいても、何とか入れちゃうのがありがたいという店です。なので、比較的大人数の打ち合わせなどが多いので、ついつい画像や記録をせぬゆえに、あるいは、極秘の(笑)打ち合わせだったりするので、ブログ上にはあまり登場しないという訳です。店としては、料理は良いですし、日本酒も定番(高砂、南部美人、など3種類ほど)の他に、鳳凰美田、東洋美人、獺祭、などが入ってきますので、私的には嬉しい店のひとつです。ただし、唯一の難点は座敷。これがメタボ体型には厳しい(笑)。堀炬燵式なのは腰痛患者には救いですが、いかんせん、固定机と床との間が狭いので、メタボ腹やメタボ大腿は間違いなく挟まります。

ということで、いつも必死に座って、ビールを美味しくいただいております。ビールは毎回いただく割引券で、一杯目は無料。けど、これで帰るわけには行きませんね(笑)。


お通しでまずいただきます。最近の「淡菜房」のお通しは、このミニ冷奴に何かトッピング(&ソース)というスタイルですね。今日はサーモンとラディッシュです。


ビールといえば「枝豆」って、これはちゃんとした「茶豆」です。

でもって「栃尾揚げ」。

ここで日本酒にシフトしたいところですが、今日はちょっと我慢。

そして、「魚ときのこのソテー」(仮称)。

檸檬は絞っちゃいましたし、魚が何であるかを確認もせぬままにいただいてしまいました。人数が多めだと、どうしてもこうなっちゃいますね。話も盛り上がっていますし。

ということで、始まりも遅かった打ち合わせですが、それでもさらに(多分、参加者の終電車に合わせて)続きます。

スポンサーサイト

| - | 23:57 | - | - |

Comment

Submit Comment