スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

富士見台「松屋」(16)

片付け(というか廃棄作業)も80%終了したら、週明けの仕事開始。ということで、朝は強烈に影響補給。富士見台駅南口の「松屋」で豚めしと生卵・野菜サラダのセット。

元気が出るな。

あ、ELGOLAZOを買い忘れた(笑)。

富士見台「川名」

週明け初日からテンション高め。ということで、夕方は新しい帰路・最寄り駅になる富士見台駅周辺を散策。南口の商店街を抜けたところに、「魚の美味い店」と銘打った居酒屋を発見。釣師居酒屋「川名」。

カウンターはすでに常連さんで埋まっているので、脇のテーブル席に座って、まずはホッピーHOPPYをお通しの「枝豆」で。

肴は「鮪と平目の刺身盛り合わせ」。

今日の鮪は、釣り上げたもの。店の奥の座敷の壁には、できたての魚拓が。実は、この鮪の店頭表示に惹かれて、お店に入ったのは事実ですが(笑)、落ち着いた居酒屋さんの雰囲気と、魚の豊富さ+コストパーフォーマンスの良さには感激です。親父さんは「明日の方が旨みはもっと出るな」とのこと。明日も伺いたいが、明日はちょっと無理そうなので、今日じっくりと味わいましょう。

二品目は「鯨刺」。

これも美味い♪ 日本酒に切り替えたいところですが、ここがちょっと微妙。

三品目は「氷下魚(こまい)」。

美味しい燗酒があれば言うことナシですね。

今日は、以上でさっと上がりです。魚が実に美味い(そして安い!)「川名」。魚好きとしては、帰路にこういう店があるのは嬉しいですね♪ また立ち寄ることは間違いないでしょう。

下井草「御天」(10)

火曜日も元気に仕事に励む。だから昼食もしっかりと、ということで、新青梅街道・四谷商業高校入口交差点少し手前の博多長浜とんこつらあめん「御天」で、今日は「御天つけ麺」をいただきまする。

つけ汁はやっぱり「御天臭」(笑)。それが素晴らしい。そしてつけ麺だけに酸味もあり、スープ割りもしてもらえるのかもしれないけど、実は、そのまま全部飲んじゃいました。「御天」のブログ掲載10回記念ということで(笑)。

う〜。刺激も十分。午後も頑張れそうだ。

上井草「やしん坊」(11)

全力業務の後はやっぱり一杯呑みたいものです。
ということで、上井草に立ち寄った関係もあり、大衆馬刺割烹「やしん坊」で一献。

今日のお通しは何かしらの迫力を感じましたので、画像大き目で(笑)。これだけでかなり呑めます。…ということで、気合を入れたら、親父さんも気合を入れて日本酒確定。

「久保田 百壽」
 原材料/米・米麹・醸造アルコール
 アルコール分15度以上16度未満
 製造年月日08.07.29
 朝日酒造株式会社
 (新潟県長岡市朝日)

親父さんの気合は続きます。百壽とくれば、次は千壽。

「久保田 千壽」
 原材料/米・米麹・醸造アルコール
 アルコール分15度以上16度未満
 製造年月日08.05.12
 朝日酒造株式会社
 (新潟県長岡市朝日)

そして、千壽とくれば…







今日は打ち止め(笑)。ご馳走様でした。

柳沢「珍珍珍」(46)

斯様な状況で呑むだけだと当然ながら夕食はまだ状態が続きます。

ということで、深夜の片付け(廃棄物処理)に向かう先にある灯は、青梅街道・西武柳沢駅入口交差点先の「珍珍珍」。


まずはビールを柴漬けとキムチの定番でいただきます。


ぷはぁ〜っという感。

そして餃子。

うほうほ。

でもって〆の角煮丼。

今日も汁を付けていただきました。感謝。

さて、これだけ飲んでも作業はしましょう。廃棄物処理(汗)。

柳沢「立山」(24)

柳沢で起床して仕事に行くこともあとわずか。となると、朝食をここ立ち喰い蕎麦「立山」でいただくのも限りある機会ということになりますね。

ということで、今日も基本のかき揚げ蕎麦をいただきます。

相変わらずかき揚げが大きい。営業時間が15:00までですので、今後、親父さんに会えるのは限られるだろうなと実感。

でもひとまず出発。ご馳走様。行ってきます。

西武新宿「グリーンプラザ新宿」(10)

仕事終了は23:00近くに。明日は早い時刻からの仕事だし、この後の入浴等も考慮すると、宿泊先は西武新宿駅すぐの「グリーンプラザ新宿」が妥当かと。このところ利用頻度が上がり、遂に10回目を迎えました。この時間だと10時間滞在のサウナが有効。ポイントも溜まっているので、1000円引きを使って2000円で宿泊。
ということで、ダッシュで入館し、先ずはホッピーHoppyで喉を潤します。

1本のホッピーにこのジョッキだと焼酎は3杯呑めます。ということで、グリーンプラザ新宿のホッピーは焼酎3杯分を飲むことになります。
肴は「豚しゃぶサラダ」を。

これで十分ですね。あとは〆の「豚骨らあめん」。(ということで「らあめん」カテです)

ここの麺はコシがちょっと独特で、個人的にはかなり好きです。

半熟味玉も入っています。この味玉がかなり美味しい。トッピングの卸し大蒜と紅生姜は全部載せちゃいます。

軽めですけど(そんなことはない?)、大満足状態。
ということで、後は風呂に入って、寝ます。

東伏見「べっしゃん」(116)

今日は早めに仕事を終えたので、柳沢で引き続きの廃棄物処理。一区切りがついたところで、居酒家「べっしゃん」で遅い晩酌タイムとなる。
本日の一品はご覧のラインナップ。

鮟肝がついに登場しましたね♪
まだ旬には少しあるのかもしれませんが、鮟肝好きとしては登場したらまずはいただきたいと願うばかりです。が、ひとまずパレットでいただこうかと思い、注文。
パレット到着までにまず一杯いただくのは「天青」。

「風露 天青」特別本醸造
 アルコール分15度以上16度未満
 精米歩合60%(五百万石)
 日本酒度+2.5 酸度1.3
 製造年月08.8.
 熊澤酒造株式会社
 (神奈川県茅ヶ崎市香川)

前にいただいた「天青」は「吟望 天青」でしたね。「天青」もいろいろあるということで。落ち着いた香りとバランスの良いお酒ですが、やはり「風露」は本醸造だけあって、軽やかです(アルコール分も低めです)。

と、ここでパレット登場です。

鮟肝  目鯛  鰯
太刀魚 戻り鰹 チーズ燻製
蛸ぶつ 甘海老 水茄子
(合ってますか?)
お酒は「奥播磨」(前回もいただきましたが)。

「奥播磨」夏の芳醇超辛
純米吟醸 19BY

 精米歩合55%
 アルコール分17.0度以上18.0度未満
 製造年月20.07
 下村酒造場 五代目店主 下村顕太郎
 (兵庫県姫路市安富町安志)

9種類の肴を一口、二口とつまみながら呑む。
パレットならではの楽しみです。良いですね〜♪

と、ここで「奥播磨」も切れて「鳳凰美田」二種。

(左)「鳳凰美田」平成十九酒造年度限定醸造
「愛山」山廃純米吟醸原酒火入 生詰

酒母日数/生もと酒母二十五日 もろみ日数/二十八日 原料米/愛山 精米歩合50%
酒精分17.8% 日本酒度+3 酸度1.6 アミノ酸度1.2
小林酒造株式会社(栃木県小山市卒島)
(右)「鳳凰美田」平成十七酒造年度醸造
限定品純米大吟醸瓶燗火入酒

酒母/速醸酒母十五日 もろみ日数/弐拾八日 原料米/山田錦米 精米歩合四十五%
日本酒度/プラス四 酸度/一、五 小林酒造株式会社(栃木県小山市卒島)

左は100回記念にいただいたもの。味わいは変らずですね。

と、やっぱり「鮟肝」をじっくりといただきたくなる。

大好きな「鮟肝」を「鳳凰美田」二種で。何という贅沢か。

…堪能の夜は更けていきます♪

柳沢「珍珍珍」(47)

堪能の日本酒と肴をいただいた後、やはり振り返ってみると主食が抜けていた、ということで、毎度のパターンで「珍珍珍」へ伺う。その前に某所へもご挨拶に伺った関係で、日付変更線は大幅に超えていて、そろそろ「珍珍珍」も閉店間際。

でもってやっぱりビールから入っちゃうんですね、どうにもこれが。
キムチと柴漬け、病み付きです。

そして今日は、ぐっと「バラ肉丼」。

これで完了。遅くまでお世話になりました。
片付けもひと段落だし、ちょっと安心して休めますね。

下井草「御天」(11)

いよいよ夏も終わりになって、新青梅街道沿いに独特の香気を発している、博多長浜とんこつらあめん「御天」に、夏限定の麺があることに気づきました。あぁ〜…ということで、急いで食べなくてはと、今日の昼食はそれ。

「梅冷やし麺」(仮称)。海老の下に敷かれた大葉の下には「冷奴」が隠れています。
その下には刻み海苔、そして冷やし麺。さらにスープ(御天臭なし・笑)とレタス。

丼の脇に盛られた梅肉を混ぜていただきます。なかなか素晴らしいコンビネーション。感激です。残念なのは、替玉できないところかな。でも、この一杯でちょうどのまとまりです。

終わる夏までにもう一回はいただきたいと決意しました。

| 1/8PAGES | >>