スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

あめふらし弁当(11)

訳有って今日はお弁当作成。
昨晩、弁当・食材購入のついでに、チキンナゲット(冷蔵もの、冷凍じゃない国産品使用)、玉子を購入。玉子焼きもポテトサラダも久しぶりに作ったかな。あとは砂糖さやという最近見かけるようになったエンドウマメ。とにかく鞘が甘い。茹でてそのままでも甘くいただけるので、まさにスナック菓子ならぬスナック野菜状態かと。

安上がりですよね。つくづくそう思います。でももうしばらくは外食続きになりそうだな〜。

俗に言うコンビニ系弁当(8)

仕事が深夜に及び、ようやく身体が食べ物を普通に受け付ける状況になったような気がします。ということで、都民農園バス停留所近くの「サミット」にて買い物をする気も起こりました。それまでは食材を見るのも辛く…(笑)。
深夜1:00まで営業している店なので、実に助かります。

ということで、
しっかり割引になっていた
「広島産牡蠣フライ弁当」を購入。

深夜ではありますが、
がっつりいただきます。

よし、大丈夫ですね、胃袋。

やはり昨日のダメージは相当なものだったようです。これで復調とみなして良いでしょう。

※「サミット」はコンビニじゃないけど、ま、性格上は似ていますかな、ということでコンビニ系弁当ということで。

小淵沢駅「丸政」

別所温泉ツアー・その3

甲府駅始発の松本行が山中に入る頃、かなりの勢いで吹雪いてきた。

特急通過待ちの穴山駅はホームに雪がしっかり積もり始めている。


この吹雪状態は小淵沢到着時には一層強烈になってきた。すでに小海線ホームにはディーゼル列車がお待ちかね。


乗換えを急ぎつつも、ここから終点の小諸まで途中下車はないので、しっかりと食べ物を購入しておこうと、中央本線ホームにある「お弁当の丸政」にて甲斐路味めぐり「うまい甲斐」を購入。


しかし、すぐには食べない。
しばらくは、久しぶりに乗った小海線の風景を堪能しようではないか。


といっても吹雪の世界。そしてディーゼル車両が通る脇から、積雪が舞い上がる風景。いやぁ、これはこれで今日じゃないと味わえなかっただろうなぁ〜♪ とこの天候を喜ぶ。


そんな風景を見ながら、列車はキシャヤスデで有名なJR線(標高)最高地点へ登りきり、JR線(標高)最高駅1,345mの野辺山駅に到着。

そういえば、そろそろキシャヤスデの年(8年に1度)じゃなかったっけ…などと、懐かしい思い出に耽りながら、雪景色を眺めているうちに、小海駅に到着。ここで弁当を開く。
箱の脇に書かれている「おしながき」によれば、
 あわびの炊きこみ飯 桜肉の甘辛煮込み 野沢菜炒め 煮貝(アカニシ貝) 信玄かまぼこ
 武田漬け(きゅうりの漬物) 白州町産原木取り椎茸の煮物 紅白ワイン羊羹
どうです、豪華でしょう♪

まずは酒の肴になりそうなものは別にして(笑)、腹ごしらえですな。

新宿某所「のり弁当」

新宿の仕事場で出していただいた「のり弁当」。
多分、東京メトロ副都心線の「新宿三丁目」駅地上出口近くのサンクスのものだと思われますが、仕事場から食べに出れない状況の中で、こうやって弁当を用意していただけることは、とてもありがたいことです。深く感謝いたします。
でも、最近の「のり弁当」って結構豪華ですね。おかずの種類に感激しました。さて、午後も引き続き頑張りましょう。今日は特に楽しい仕事なので、力が入ります♪

函館駅「北の駅弁屋さん」

三連休ツアー・その20

いよいよ「三連休きっぷ」によるこのツアー記事も20件目になりました。(暇ですね)
函館から東京へ一気に戻ります。鉄道旅としては、これほど面白くないものもないな、とは思いますが、一人の勝手気ままな旅というわけでもないところが、今回は絶妙です。日本海側を回っての復路やいろいろなアイデアは浮かびそうですが、次の楽しみに取っておきましょう。

絶妙な美しさを感じさせる函館駅ホームの曲線も、「そんなつまらん旅をしおって」と言っているように思えてなりません。(笑)


さて、そういうわけでまた来た道を戻るということで、特急「スーパー白鳥」で八戸を目指します。


青森は大雪だったようで、その影響か、白鳥は何本かが運休になったという放送が入っていますが、予定していたこの「スーパー白鳥」は、何事もなかったように定刻で発車できるよう、入線してきます。助かりました。


そんな乗車直前、諸事情により割り箸が欲しかった、ということもあって、函館駅構内で「北の駅弁屋さん」を購入。「みかどの駅弁ベスト8をひとつにまとめた」という、実に嬉しい駅弁。

では左上から横へ順番に。(笑)

【うにいくら弁当】
オリジナルのたれで
うにを炊き込んだ一品。
風味をお楽しみ頂けます。
(うにに集中しているのが立派)


【鰊みがき弁当】
天日干しした鰊の甘露煮。
発売以来変わらぬ手法で
受け継がれてきたみかどの
看板商品です。
(かずのこも入っています♪)


【鮭の親子弁当】
鮭のハラスの部分は
脂がのってといっても美味。
パリっと焼いた皮も
また良し!!
(ピンボケで済みません・汗)


【ほたてめし】
帆立の貝柱をまるごと。
ぷりっとした食感で
食べごたえ十分です。
(帆立貝柱は、
 同行者に食べられました・涙)


【いくら弁当】
オレンジ色に輝く
いくらの醤油漬け。
プチプチっとした食感が
たまらない。
(いくらは此処にひとまとめ・笑)


【いか飯】
いかの中にもち米を詰め
じっくりと煮込みました。
もちもち感満点。
(唯一の全体写真)


【香の物】
わかめしば漬け
大根のみそ漬け

お箸休めにどうぞ
(そのままの説明です・笑)


【かに飯】
かにの身を贅沢に。
しっとりジューシーが
うれしい一品。
(説明の通りです♪)



【つぶ貝弁当】
昔懐かしい『つぶ屋台』を
思い起こすような一品。
磯の香りと”こりこりっ”
した食感がたまらない
スライスつぶときんぴら
ごぼうの相性も抜群。
(とても丁寧な説明♪
 力の入れ具合を感じます)

ということで、当然、お供の日本酒も必要ですね(笑)。

東京駅「深川めし」

三連休ツアー・その1

いよいよ天皇杯準々決勝@ユアスタ。とは言っても22日は普通の月曜日である。しかし、JR東日本は「ここを休めば’三連休’」という恐ろしい提案を車内広告「三連休きっぷ」で示してきました。そして22日の月曜日は、しっかりと振替休業日になったのです。ということで、JR東日本の挑発に乗って(笑)「三連休きっぷ」も購入し、今日からの壮大な(笑)ツアーが始まります。

ということで滅多に乗らないシンカンセンにも乗れ、指定席も4回取れる「三連休きっぷ」を利用し、「はやて」で仙台まで直行することに。


東京駅で久しぶりの駅弁購入は
「深川めし」。
(株)NRE大増
(荒川区西尾久)の作品。

SUNTORY
The PREMIUM MALTS
と共にホーム売店で購入。

浅蜊炊き込み飯に、煮物(筍、蓮根、人参など)、穴子蒲焼、櫨甘露煮、小茄子漬、べったら漬、海苔などが主な原材料。
美味いなぁ〜。櫨甘露煮も結構リアルでいけます(笑)。

シンカンセンの方は、指定で3人揃席を確保できましたので、居心地は良いですね。ただし、さすがに徹夜なので、食べたら寝る状態。


気づいたらもう仙台。

駅ビル内の牛たん通り、すし通りをスルーして外へ。ここからは仙台市営地下鉄で八乙女まで向かいます。

しかし、大快晴だなぁ〜♪

俗に言うコンビニ系弁当(7)

にごり堪能からはまっすぐ帰宅して、入浴後一旦睡眠。深夜起床して作業を開始しようと思ったら、やっぱり空腹感あり。ということで、近所のコンビニへ走って「四川風麻婆チャーハン&チンジャオロース丼」を購入。
発泡酒をいただきながら食す。ピリカラが刺激的だが、深夜にはちょっと不安。けど、目を覚ますには良いかな。食べたら夜明けまでには、一仕事、片付けましょうね、はい。

<< | 2/5PAGES | >>